2018年9月10日月曜日

2018年10月号の『GOETHE』『Safari』『UOMO』『MEN'S EX』『デジモノステーション』では

今月も掲載のおまとめ報告。
あ、みなさん、こんにちは男性美容研究家の藤村岳です。

もう、誌面では10月号です、秋です。
暑いのはもういいよ、と思っていたらちょっと涼しくなってきました。

よかった。

とはいえ、あちこちで大雨だったり、台風だったり、そして地震だったりと大変なことに見舞われていますね。各地に友人や親戚がいるので、とても心配しています。彼らに何かがあれば、自分のできることを精一杯やりたいと思っています。


さて、今回はまず『GOETHE』から。連載「美意識過剰」では、スイスの名門コスメ・ヴァルモンを取り上げました。知る人ぞ知るといった雰囲気ですが、実は歴史が長いんです。細胞研究が得意でそれをコスメに生かしているんですね。今回は新製品の美容液。田ルン肌に喝を入れてくれる、そんなパワフルなアイテムに注目を!

画像は公式サイトから


Safari』の香水連載はイタリアのサンタ・マリア・ノヴェラの登場。今までなんで出てきていないのか不思議なほど。現存する世界最古の薬局として有名なこのブランドですが、香りももちろんクラシック。でも、爽やか。案外、Safari向きなんですよ、これが。MAHO節、相変わらず炸裂しているんですけどね、ここだけの話、オチが若い担当編集のT女史には伝わらなくて「不勉強で申し訳ないのですが、どういう元ネタなんですか?」って聞かれちゃいました。オジサン、ショック!

画像は公式サイトから


そして『UOMO』の連載「藤村岳の美ーシック」ではキールズの大好きなリップクリームにフォーカスしてみました。数々のヒットアイテムがあるのにもかかわらず、これにしたのには深い意味があるのです。そこは本文を読んでいただくとして、特集はジョジョですよ。ほぼ全編にわたって出てきます。でも、実はボク、ジョジョよく知らない。読んだことないんですよ、ごめんなさい。おもしろかったのがプロレスラーの棚橋弘至選手が台湾で食べまくってます。いいなあ、行きたいなあ。行きタイワンって、昔流行りましたよね?

画像は公式サイトから


MEN'S EX』の連載「細胞から体育」では日焼けのアフターケアを。季節の変わり目の肌はゆらぎます。夏から秋へは特にきちんとケアしないと、にっくきシミができてしまうんですね。男の顔に深いシワが刻まれても見せ方によっては、むしろダンディになることもある。でもね、シミはダメ。これがあると一発で老けて見えちゃう。ということで、熟読していただき不名誉な勲章を顔や体に残さぬよう、ご注意をば。

画像は公式サイトから

デジモノステーション』の「男美均整のコトハジメ」では男の敏感肌について解説しました。今期で最もいい出来と思っているスキンケアのご紹介と、敏感肌でも使えるコスメをあれこれご紹介。ついなに使っても荒れちゃうからとあきらめていた方、ぜひご一読を。といってもあんまりひどい場合は皮膚科医に相談してくださいね。こちらの記事、スマートニュースなどでも紹介されまして、たくさんの方にご覧いただいているようで、ありがたい限りです。

画像は公式サイトから

今回のゲスト出演は『MONOMAX特別編集 アンダー3万円の傑作品』です。ボクはアレをリコメンドしました。アレって何か?って。それはP138に載っております。本気で毎日使っているものなんですよ。

画像は公式サイトから


ということで、今月も読者の皆様、そしてスタッフ皆様に感謝!

2018年8月1日水曜日

2018年9月号の『デジモノステーション』『UOMO』『MEN'S EX』『GOETHE』『Safari』では

●『デジモノステーション
連載・男美均整のコトハジメでは口臭ケアにフォーカスしました。歯磨きはもちろん、歯間ケア、そして今トレンドの洗口液を徹底解説。売れている人気商品から期待の新製品まで網羅いたしております。人間関係を危うくする口臭、本気でなんとかしたいならご一読を!


特集のアウトドア水遊びがおもしろい。なかなか信じてもらえませんが、学生時代はアウトドア派でした。川へラフティングしに出かけたり、バックパックに寝袋担いで山に行ったりなんてことしてたんです。野田知佑さんや椎名誠さんに憧れてましてね。あやしい探検隊なんて何度読み直したことか。

●『UOMO
藤村岳の美ーシックではクリニークメンの3ステップを取り上げました。角質ケアの大本山というべきベーシックスキンケアです。あのごっそりととれる実感がたまりませんね。やり過ぎはダメだけど。ハマる男子がいるのは納得できる。



ヒゲの濃い人は、もしかして着こなしも……、というページ。おもしろかった!ってか、ボクのところにも取材に来てよと思ったりもして。ま、今は夏なのでわりと刈り込んでおりましてそんなに濃〜いって雰囲気ではないかな。

●『MEN'S EX
連載・細胞から体育では〝疲労臭〟ケアを取り上げました。加齢臭とか汗臭ってのは聞くけど、疲労臭って何よ?という方はぜひご覧ください。真面目できちんとしている人ほどニオイやすいのかも!?


新説コンサバ手帖を読んでいたら、男性のネクタイ姿って本当にいいよなあと思った次第。夏の麻素材なんかをサラリと着こなしたい。でも、この暑さと湿気だとそうもいかないよなあ。LAとか湿度低いところでそんな格好をしたいぞ。*発売日の関係でこれだけ8月号です

●『GOETHE
先月は紙ではお休みしましたが、今月復活。泣く子も黙るドゥ・ラ・メールにフィーチャーしました。読者の方々を考えると最高級ラインのジェネサンスがいいよねってことでそれもご紹介。クレームは重いから夏は……なんて思っている人、クール ジェル クリームをお試しあれ。価値観変わりますよ。

そして表紙、すごいインパクトです。ミケーレのグッチの世界が本当に良く表されているなあ、と。グッチDIYやりたい。ものすごいスーツとか作ってみたい。でも自腹じゃムリ!

●『Safari
MAHO様との連載も43回目を迎えました。そしてなぜか初登場の真打ちエルメスです。新作シトロン ノワールの出来栄えがお見事。ってか、こちらの香水はなんでも素晴らしいんですけどね。この連載はタイミングが難しくて、紹介したいものまだまだいっぱいあります。



気になったのは、だからドッグタグをもう一度!というページ。たしかにボクらが若い頃に流行ったんですよ。そして今、見るとやっぱりいいなって思います。ティファニーの本気で欲しい。買おうかなあ。

*画像はすべてサイトから拝借


Profile
男性美容研究家・エッセイスト

藤村 Fujimura Gaku

新刊『一流の男はなぜ爪の手入れをするのか?』を上梓!

『男の身だしなみ100の基本』はこちら

オスカープロモーションに所属しました

DANBIKEN~男性美容研究所~

twitter

facebook

All About
【男のコスメ・スキンケア】ガイド

男性美容研究家
1973年、東京生まれ。大学卒業後、植物関連の雑誌・書籍の編集を行い、ハーブやアロマテラピーの知識を得る。そんな中、男性が読む美容記事を日々ヒゲを剃らない女性が書くことに違和感を覚え、独立。シェービングを中心に据えた独自の男性美容理論を打ち立て、男性美容のパイオニアとして活動中。総合情報サイト『All About』にて「メンズコスメ」のガイドも務め、数々のテレビ番組やラジオなどの出演のほか、講演・イベントなども行う。

また、コンサルタントとしてコスメの開発に携わる。その他、男性用コスメのマーケティングやコンサルティングも行う。国内外のスパを訪れ、男性が楽しめるスパ・エステについても造詣が深い。


2018年7月13日金曜日

ただ誉めるだけじゃない「俺たちのコスメ」はガチンコです


ウェブ版の『FRaU』で発表会に関する連載をしています。

【俺たちのコスメ vol.10】絵画、自販機、イルカまで⁉︎ユニーク演出がキラリ光る発表会

別にこっそりやっていたわけじゃないんですけどね、最近ジワジワと知名度が上がってきて、あちこちで「読んでますよ」と言われます。しかも、なんだか皆さん、耳打ちするんです。触れてはいけないというわけではないのに、なぜかこっそりと。

ま、ちょっと思い当たる節はあるのです。というのも本音を言い合っているから。ビューティサイエンティストの岡部美代治さん、FRaU プロデューサーの関龍彦さん、そしてボク・男性美容研究家の藤村岳の3人の鼎談形式で行っているのですが、メーカーの皆さんにとってはちょっと痛いところを突かれた、と思うようなコメントもあえて掲載しています。

ほら、世の中には「発表会に行ってきましたー!」「イベント楽しかった〜」「かわいいものいっぱい、発売楽しみ♪」みたいな発表会レポートばかりでしょう?ま、もちろんそういうのも必要です。SNSは即時性が大事だからインスタでどんどん拡散すればするだけいいわけで。

ボク自身もそういうの嫌いじゃないので、たまに上げます。というか昔はよくやっていました(照)。世の中に多くなり過ぎたので、この分野での自分の役割は終わったと思い、数年前からやめているんですけどね。

善し悪しは別として、祭りに参加した感想レポートだと、ただそこには理性的な批判や未来への展望って、ほとんどないんです。名前を出し、イラストですが顔も出してコメントするって責任が伴います。匿名で非難するだけの人たちとはそこが違う。

ボクらはプロとして、発表会を通じて何を得たのか、これは未来のトレンドを作るイノベーションなのか、それとも単に尻馬に乗っただけの勢いの商品なのか、そんなことを見極める必要があるんですよね。

そんな少しはプロらしい意識を見せようじゃないか、しかもビューティでは圧倒的に数の少ない男性の目線から語ろうじゃないか、というのが狙いです。

なので、メーカーの皆さんも、普通のコスメ好きの読者の皆さんもぜひ、こっそり耳打ちではなく、「読んでるよ!」って堂々と教えてください(笑)

Profile
男性美容研究家・エッセイスト

藤村 Fujimura Gaku

新刊『一流の男はなぜ爪の手入れをするのか?』を上梓!

『男の身だしなみ100の基本』はこちら

オスカープロモーションに所属しました

DANBIKEN~男性美容研究所~

twitter

facebook

All About
【男のコスメ・スキンケア】ガイド

男性美容研究家
1973年、東京生まれ。大学卒業後、植物関連の雑誌・書籍の編集を行い、ハーブやアロマテラピーの知識を得る。そんな中、男性が読む美容記事を日々ヒゲを剃らない女性が書くことに違和感を覚え、独立。シェービングを中心に据えた独自の男性美容理論を打ち立て、男性美容のパイオニアとして活動中。総合情報サイト『All About』にて「メンズコスメ」のガイドも務め、数々のテレビ番組やラジオなどの出演のほか、講演・イベントなども行う。

また、コンサルタントとしてコスメの開発に携わる。その他、男性用コスメのマーケティングやコンサルティングも行う。国内外のスパを訪れ、男性が楽しめるスパ・エステについても造詣が深い。


2018年7月3日火曜日

2018年8月号の客演あれこれ

2018年8月号の客演あれこれ。
客演っていうと、なんかエラソーですが連載以外の単発のお仕事という意味です。

まずは『MEN'S CLUB』。メンクラコスメ大賞にて審査員を務めました。実は初めて。なんだかご縁がなかったのですよねえ。今回はお声がけいただき、ありがたや。審査員の個人的なお勧めにはシャネルのDープロテクションを推挙しました。便利なシールド的アイテムです。特集の夏のアイビーと京都も楽しく拝読。情報量、すごい!

画像は公式サイトから


次に『GetNavi』の特集「最新ヒット ベストランキング」の中で資生堂のバカ売れアイテムウーノUV パーフェクションジェルについて解説を。これ、本当によく出来ていまして、思わずアットコスメでこんなブログも書きました。守られ系男子のオールインワン、進化しています。昨秋にでたクリームパーフェクションが売れてましてね、その夏バージョン。ここだけの話ですが、さらにすごーい新製品も出るとか。今後も追っかけますので、また発表していい段階になったらお知らせします。

画像は公式サイトから


そして『日経トレンディ』では男性美容家電についてレポートを。こちらも大ヒット中のパナソニックのボディトリマーを中心に濃密泡ブラシも解説。どちらも実際に愛用している製品。改良されたシャープのプラズマクラスタースカルプエステのドライヤーもいい。カッサがついているって便利なんですよねえ。そして意外によかったのが、ドンキホーテオリジナルのトータルスタイラー。安いのにきちんと考えられている。この価格でシャビーじゃないのってすごい!ちょい感動でした。

画像は公式サイトから

あと7月号ですが、『DIME』にも出ておりました。すっかり失念、ごめんなさい「イチ推しギア100」という特集に。見本誌を受け取るタイミングが悪くて、というのは言い訳です、はい。

画像は公式サイトから


なんだかもう少しあった気がするけれど、暑さの中、がんばって生きています。早く涼しくな〜れ。


Profile
男性美容研究家・エッセイスト

藤村 Fujimura Gaku

新刊『一流の男はなぜ爪の手入れをするのか?』を上梓!

『男の身だしなみ100の基本』はこちら

オスカープロモーションに所属しました

DANBIKEN~男性美容研究所~

twitter

facebook

All About
【男のコスメ・スキンケア】ガイド

男性美容研究家
1973年、東京生まれ。大学卒業後、植物関連の雑誌・書籍の編集を行い、ハーブやアロマテラピーの知識を得る。そんな中、男性が読む美容記事を日々ヒゲを剃らない女性が書くことに違和感を覚え、独立。シェービングを中心に据えた独自の男性美容理論を打ち立て、男性美容のパイオニアとして活動中。総合情報サイト『All About』にて「メンズコスメ」のガイドも務め、数々のテレビ番組やラジオなどの出演のほか、講演・イベントなども行う。

また、コンサルタントとしてコスメの開発に携わる。その他、男性用コスメのマーケティングやコンサルティングも行う。国内外のスパを訪れ、男性が楽しめるスパ・エステについても造詣が深い。

2018年6月27日水曜日

2018年8月号の『GOETHE』には

こちらは今月、諸般の事情でお休み。でもwebには出る予定です
昔の名前で出ています~なんて歌、ありましたね。

無論、忍でも渚でもありませんよ。

詳細はまた追って。


Profile
男性美容研究家・エッセイスト

藤村 Fujimura Gaku

新刊『一流の男はなぜ爪の手入れをするのか?』を上梓!

『男の身だしなみ100の基本』はこちら

オスカープロモーションに所属しました

DANBIKEN~男性美容研究所~

twitter

facebook

All About
【男のコスメ・スキンケア】ガイド

男性美容研究家
1973年、東京生まれ。大学卒業後、植物関連の雑誌・書籍の編集を行い、ハーブやアロマテラピーの知識を得る。そんな中、男性が読む美容記事を日々ヒゲを剃らない女性が書くことに違和感を覚え、独立。シェービングを中心に据えた独自の男性美容理論を打ち立て、男性美容のパイオニアとして活動中。総合情報サイト『All About』にて「メンズコスメ」のガイドも務め、数々のテレビ番組やラジオなどの出演のほか、講演・イベントなども行う。
また、コンサルタントとしてコスメの開発に携わる。その他、男性用コスメのマーケティングやコンサルティングも行う。国内外のスパを訪れ、男性が楽しめるスパ・エステについても造詣が深い。

2018年8月号の『Safari』では

2018年8月号の『Safari』。香水連載はエルメネジルド ゼニアです。以前、Zゼニアをやったんですけどね、こちらのラインは取り上げていないので、ぜひともと嘆願して採用と相成りました。

画像は公式サイトから


だって、素晴らしくよい出来なんです、新作のアクア ディ ネロリ。解説のMAHOさんも絶賛しております。相変わらず素敵なお姉さんキャラが炸裂しておりまして、そこも楽しんでいただけると、これ幸い。

しかし、夏ですね。Tシャツがズラリと並ぶ今号はファッションでも見るべきものがたくさん。だって特集が「真夏の誘惑が待っている!」ですよ。誘惑かあ、されたいなあ。え、するんじゃないのか?って。だって、MAHOさんと一緒にいるとつい受け身になっちゃうんですよねえ(笑)


Profile
男性美容研究家・エッセイスト

藤村 Fujimura Gaku

新刊『一流の男はなぜ爪の手入れをするのか?』を上梓!

『男の身だしなみ100の基本』はこちら

オスカープロモーションに所属しました

DANBIKEN~男性美容研究所~

twitter

facebook

All About
【男のコスメ・スキンケア】ガイド

男性美容研究家
1973年、東京生まれ。大学卒業後、植物関連の雑誌・書籍の編集を行い、ハーブやアロマテラピーの知識を得る。そんな中、男性が読む美容記事を日々ヒゲを剃らない女性が書くことに違和感を覚え、独立。シェービングを中心に据えた独自の男性美容理論を打ち立て、男性美容のパイオニアとして活動中。総合情報サイト『All About』にて「メンズコスメ」のガイドも務め、数々のテレビ番組やラジオなどの出演のほか、講演・イベントなども行う。

また、コンサルタントとしてコスメの開発に携わる。その他、男性用コスメのマーケティングやコンサルティングも行う。国内外のスパを訪れ、男性が楽しめるスパ・エステについても造詣が深い。

2018年8月号の『UOMO』では

2018年8月号の『UOMO』では連載・藤村岳の美ーシックでスリーの名作シャンプー&コンディショナーを取り上げました。これね、ズルイんですよ。なんでこんな二律背反なことをサラリとやってのけてしまうかなあ。きちんと立ち上がるのに、優しくてサラサラなんて。普通はね、できないんですよ。

画像は公式サイトから


あと、東京美男の中では、懐かしいコスメをピックアップしました。個人的な思い出深いレトロコスメ。祖母や母の鏡台で見たあれとか、父が使っているあれとか。昔の人の方が実は身ぎれいにしていたのかも。あ、「身ぎれい」って素敵な言葉だな。

先にお知らせもしましたが、3月に行ったイベント「日本一のおしゃれ男子を探せ!!」でファッションチェック。藤村賞まで選出させていただくという名誉にもあずかっております。ありがたや、ありがたや。

今月も盛りだくさんで、お送りしている『UOMO』、どうぞよろしくお願いいたします。

Profile
男性美容研究家・エッセイスト

藤村 Fujimura Gaku

新刊『一流の男はなぜ爪の手入れをするのか?』を上梓!

『男の身だしなみ100の基本』はこちら

オスカープロモーションに所属しました

DANBIKEN~男性美容研究所~

twitter

facebook

All About
【男のコスメ・スキンケア】ガイド

男性美容研究家
1973年、東京生まれ。大学卒業後、植物関連の雑誌・書籍の編集を行い、ハーブやアロマテラピーの知識を得る。そんな中、男性が読む美容記事を日々ヒゲを剃らない女性が書くことに違和感を覚え、独立。シェービングを中心に据えた独自の男性美容理論を打ち立て、男性美容のパイオニアとして活動中。総合情報サイト『All About』にて「メンズコスメ」のガイドも務め、数々のテレビ番組やラジオなどの出演のほか、講演・イベントなども行う。

また、コンサルタントとしてコスメの開発に携わる。その他、男性用コスメのマーケティングやコンサルティングも行う。国内外のスパを訪れ、男性が楽しめるスパ・エステについても造詣が深い。

2018年8月号の『デジモノステーション』では

2018年8月号の『デジモノステーション』。

写真は公式サイトから

今号は男のボディケアを取り上げました。洗顔後に化粧水などでフェイスケアをする男子は増えました。そして冬は体が痒くなるので、クリームと塗りますよっていう男性も多い。

でもね、夏こそボディケア必須です。汗いっぱいかくでしょ、エアコンで乾燥するでしょ、紫外線強いでしょ、サンダル履くでしょ。これぜーんぶボディケアが必要な理由。ほら心配になった、そこのあなた! 絶対チェックしてくださいね。読んで損はしませんから。

あとね、特集がヤバイです。「身の丈に合った腕時計」。ハカセことクロノスの編集長・広田雅将さんが厳選しているのです。ここは読んじゃうと買っちゃうなあ。読むのやめよっかなあ、とか思ったりして。これも読んじゃうよなあ、仕方ないよねえ。で、買っちゃう? 危険、ヤバイ! と逡巡しております。

Profile
男性美容研究家・エッセイスト

藤村 Fujimura Gaku

新刊『一流の男はなぜ爪の手入れをするのか?』を上梓!

『男の身だしなみ100の基本』はこちら

オスカープロモーションに所属しました

DANBIKEN~男性美容研究所~

twitter

facebook

All About
【男のコスメ・スキンケア】ガイド

男性美容研究家
1973年、東京生まれ。大学卒業後、植物関連の雑誌・書籍の編集を行い、ハーブやアロマテラピーの知識を得る。そんな中、男性が読む美容記事を日々ヒゲを剃らない女性が書くことに違和感を覚え、独立。シェービングを中心に据えた独自の男性美容理論を打ち立て、男性美容のパイオニアとして活動中。総合情報サイト『All About』にて「メンズコスメ」のガイドも務め、数々のテレビ番組やラジオなどの出演のほか、講演・イベントなども行う。

また、コンサルタントとしてコスメの開発に携わる。その他、男性用コスメのマーケティングやコンサルティングも行う。国内外のスパを訪れ、男性が楽しめるスパ・エステについても造詣が深い。

2018年5月31日木曜日

2018年の7月号のもろもろ

ごめんなさい。

日々、過ごしているとすっかり抜け落ちていることあり……
2018年の7月号を各誌まとめてご紹介します。

●『UOMO
妻夫木聡さんが表紙。
連載はトム フォード。何しろカッコイイ。美しい香りとはこのこと
夏はボディケアを万全に

●『デジモノステーション
連載は夏の香水。一挙にどどーんと6選。
SmartNewsにも取り上げられたのでPVすごかった。ありがたい。
シャネルがいい

●『Safari
連載はアトリエコロン。相変わらずの人気ですよね。
コンセプトがいいもの、当然か。
新作が特にラブ♡

●『MEN'S EX
連載の細胞から体育。何度も言うがスゴいタイトル。
皮脂ケアです。
急がば回れといいますが、大人の皮脂過剰は乾燥ですから!

●『GOETHEhttps://goetheweb.jp
ラグジュアリーの極み、ラ・プレリーです。
圧巻ですよ、そのクオリティの高さと崇高な理念。
今、まさに使っているんですけど、総額17万円オーバー(汗)


順不同です。
決して●●●順とかではありません。

来月はちゃんとやります。


Profile
男性美容研究家・エッセイスト

藤村 Fujimura Gaku

新刊『一流の男はなぜ爪の手入れをするのか?』を上梓!

『男の身だしなみ100の基本』はこちら

オスカープロモーションに所属しました

DANBIKEN~男性美容研究所~

twitter

facebook

All About
【男のコスメ・スキンケア】ガイド

男性美容研究家
1973年、東京生まれ。大学卒業後、植物関連の雑誌・書籍の編集を行い、ハーブやアロマテラピーの知識を得る。そんな中、男性が読む美容記事を日々ヒゲを剃らない女性が書くことに違和感を覚え、独立。シェービングを中心に据えた独自の男性美容理論を打ち立て、男性美容のパイオニアとして活動中。総合情報サイト『All About』にて「メンズコスメ」のガイドも務め、数々のテレビ番組やラジオなどの出演のほか、講演・イベントなども行う。

また、コンサルタントとしてコスメの開発に携わる。その他、男性用コスメのマーケティングやコンサルティングも行う。国内外のスパを訪れ、男性が楽しめるスパ・エステについても造詣が深い。

2018年5月6日日曜日

2018年6月号の『MEN'S EX』では

2018年6月号の『MEN'S EX』では連載の『細胞から体育』(←相変わらずスゴイタイトルw)を担当しました。今回は〝日焼け対策〟です。毎年、この時期になると取材されるテーマNo.1。まあ、そうですよね。前回の『UOMO』でもいいましたが、「もう日焼けなんかしない」というくらいの気概を持たなくちゃダメなんです。

画像は公式サイトから


だっていいことひとつもないんですもん。そりゃ、ビタミンDの合成には必要ですけどね。そんなの膝から下、足の裏を15分くらい日に当たればいいって、NHKの『ガッテン』でやってましたし。それに干しシイタケとか食べてればいいし、サプリメントだって今の時代あるしね。

となると、日焼けしていいことってやっぱりないんですよね。今回は塗る日焼け止めと飲む日焼け止めをご紹介。内と外と両面ケアで、光老化から体を守り、健康に過ごす術をご指南しております。

Profile
男性美容研究家・エッセイスト

藤村 Fujimura Gaku

新刊『一流の男はなぜ爪の手入れをするのか?』を上梓!

『男の身だしなみ100の基本』はこちら

オスカープロモーションに所属しました

DANBIKEN~男性美容研究所~

twitter

facebook

All About
【男のコスメ・スキンケア】ガイド

男性美容研究家
1973年、東京生まれ。大学卒業後、植物関連の雑誌・書籍の編集を行い、ハーブやアロマテラピーの知識を得る。そんな中、男性が読む美容記事を日々ヒゲを剃らない女性が書くことに違和感を覚え、独立。シェービングを中心に据えた独自の男性美容理論を打ち立て、男性美容のパイオニアとして活動中。総合情報サイト『All About』にて「メンズコスメ」のガイドも務め、数々のテレビ番組やラジオなどの出演のほか、講演・イベントなども行う。

また、コンサルタントとしてコスメの開発に携わる。その他、男性用コスメのマーケティングやコンサルティングも行う。国内外のスパを訪れ、男性が楽しめるスパ・エステについても造詣が深い。

2018年5月5日土曜日

2018年6月号の『デジモノステーション』では

2018年5月号の『デジモノステーション』。今号から左開きに変更です。紙媒体だと実感が湧くのですが、webで見るとそうでもない? 否、dマガジンでページを進める方向が違うから、ちょっとびっくり。『GQ』なんかもそうですね。

画像は公式サイトから


で、今回は連載なんですけど、ちょっと前の方のページに。というのも、カドーの空気清浄機をレビューしたから。これね、いいんですよ。いろいろと。内容は中面をご確認いただくとして、素直にきれいなんです。ああ、美しい筐体だなあと思えるそんな家電って、使っていてうれしいよね、ってこと。

ちょい恥ずかしいですが、ボク、全面に出ております。仕事場で撮影してもらったんですけど、光の入り方がすごくきれいでね。それもまた、うれしいなあ。スタッフの皆様、ありがとうございました!

Profile
男性美容研究家・エッセイスト

藤村 Fujimura Gaku

新刊『一流の男はなぜ爪の手入れをするのか?』を上梓!

『男の身だしなみ100の基本』はこちら

オスカープロモーションに所属しました

DANBIKEN~男性美容研究所~

twitter

facebook

All About
【男のコスメ・スキンケア】ガイド

男性美容研究家
1973年、東京生まれ。大学卒業後、植物関連の雑誌・書籍の編集を行い、ハーブやアロマテラピーの知識を得る。そんな中、男性が読む美容記事を日々ヒゲを剃らない女性が書くことに違和感を覚え、独立。シェービングを中心に据えた独自の男性美容理論を打ち立て、男性美容のパイオニアとして活動中。総合情報サイト『All About』にて「メンズコスメ」のガイドも務め、数々のテレビ番組やラジオなどの出演のほか、講演・イベントなども行う。

また、コンサルタントとしてコスメの開発に携わる。その他、男性用コスメのマーケティングやコンサルティングも行う。国内外のスパを訪れ、男性が楽しめるスパ・エステについても造詣が深い。

2018年6月号の『Safari』では

2018年6月号の『Safari』の香水連載では、イケイケのグッチです。アレッサンドロ ミケーレが就任してから、本当にすごいですよね。ボクもいろいろ欲しいものが出てきて、困ってしまいます。だって高いから。

画像は公式サイトから


でも、香水は買いやすいお値段でうれしい限り。大ヒット中のギルティシリーズから新作が出まして、定番と比較しております。この体裁って、初代の編集T氏が考えてくれたのですが、他にはない本当におもしろい企画。よく知っている香りのはずなのに新旧を比べることで、取材していても、執筆していても毎回、新しい発見があるんです。ありがたや。

Profile
男性美容研究家・エッセイスト

藤村 Fujimura Gaku

新刊『一流の男はなぜ爪の手入れをするのか?』を上梓!

『男の身だしなみ100の基本』はこちら

オスカープロモーションに所属しました

DANBIKEN~男性美容研究所~

twitter

facebook

All About
【男のコスメ・スキンケア】ガイド

男性美容研究家
1973年、東京生まれ。大学卒業後、植物関連の雑誌・書籍の編集を行い、ハーブやアロマテラピーの知識を得る。そんな中、男性が読む美容記事を日々ヒゲを剃らない女性が書くことに違和感を覚え、独立。シェービングを中心に据えた独自の男性美容理論を打ち立て、男性美容のパイオニアとして活動中。総合情報サイト『All About』にて「メンズコスメ」のガイドも務め、数々のテレビ番組やラジオなどの出演のほか、講演・イベントなども行う。

また、コンサルタントとしてコスメの開発に携わる。その他、男性用コスメのマーケティングやコンサルティングも行う。国内外のスパを訪れ、男性が楽しめるスパ・エステについても造詣が深い。



保存保存