2018年3月29日木曜日

2018年5月号の『GOETHE』では

2018年5月号の『GOETHE』の連載「美意識過剰」で、ニールズヤード レメディーズを取り上げています。

画像は公式サイトから

ガチガチに固まった思考ではなく、緩やかに生活に入り込む今のオーガニックコスメの基礎作りをしたブランドの真髄はどこにあるのか? そしてなぜ日本でこれほどまでに成功しているのか、とビジネス的に分析しています。

こういうアプローチをさせてもらえる『GOETHE』って、本当にありがたいです。感謝。

そうそう、特集の「アンチエイジングの掟」でもオススメのアイテムやスポット、香りを紹介していますよ。


Profile
男性美容研究家・エッセイスト

藤村 Fujimura Gaku

新刊『一流の男はなぜ爪の手入れをするのか?』を上梓!

『男の身だしなみ100の基本』はこちら

オスカープロモーションに所属しました

DANBIKEN~男性美容研究所~

twitter

facebook

All About
【男のコスメ・スキンケア】ガイド

男性美容研究家
1973年、東京生まれ。大学卒業後、植物関連の雑誌・書籍の編集を行い、ハーブやアロマテラピーの知識を得る。そんな中、男性が読む美容記事を日々ヒゲを剃らない女性が書くことに違和感を覚え、独立。シェービングを中心に据えた独自の男性美容理論を打ち立て、男性美容のパイオニアとして活動中。総合情報サイト『All About』にて「メンズコスメ」のガイドも務め、数々のテレビ番組やラジオなどの出演のほか、講演・イベントなども行う。
また、コンサルタントとしてコスメの開発に携わる。その他、男性用コスメのマーケティングやコンサルティングも行う。国内外のスパを訪れ、男性が楽しめるスパ・エステについても造詣が深い。

2018年5月号の『Safari』では

2018年5月号の『Safari』で連載を執筆。

画像は公式サイトから


そして気になるブランドはなんとフローリス。
英国モノをSafariで扱うって、ちょっとめずらしいでしょ?
でも、ちゃーんと理由があるのです。

この対談をしたら久しぶりに襟付きシャツをパリッと着たくなりました。
香りと特定の体験って、とても結びつきやすい。

あることをすると香りが浮かんできたり、
決まった香りをかぐと、ある情景が浮かんできたり。
これをプルースト効果と呼びます。

ま、難しい話はさておき、今号もぶっ飛ばしているMAHO様のイケイケぶりをご堪能あれ!

Profile
男性美容研究家・エッセイスト

藤村 Fujimura Gaku

新刊『一流の男はなぜ爪の手入れをするのか?』を上梓!

『男の身だしなみ100の基本』はこちら

オスカープロモーションに所属しました

DANBIKEN~男性美容研究所~

twitter

facebook

All About
【男のコスメ・スキンケア】ガイド

男性美容研究家
1973年、東京生まれ。大学卒業後、植物関連の雑誌・書籍の編集を行い、ハーブやアロマテラピーの知識を得る。そんな中、男性が読む美容記事を日々ヒゲを剃らない女性が書くことに違和感を覚え、独立。シェービングを中心に据えた独自の男性美容理論を打ち立て、男性美容のパイオニアとして活動中。総合情報サイト『All About』にて「メンズコスメ」のガイドも務め、数々のテレビ番組やラジオなどの出演のほか、講演・イベントなども行う。

また、コンサルタントとしてコスメの開発に携わる。その他、男性用コスメのマーケティングやコンサルティングも行う。国内外のスパを訪れ、男性が楽しめるスパ・エステについても造詣が深い。

2018年5月号の『UOMO』では

2018年5月号の『UOMO』では連載「藤村岳の美ーシック」で、真打ちラボ シリーズの“エイジR+”が登場。

画像は公式サイトから


ボクの中では、今のメンズコスメの原点がここにあると思っています。
出発点なんだけど、決して古くさくなく、未だにトップランナーとして独走中。

そんなアイテムがどうやって生まれたのか、そしてなぜそんなに支持されているのかを分析しました。

で、ここからは読者として特集について。

40歳男子、実は「ゆとり世代」でした。シャツにも「ゆとり」の風が吹いてきた

これ、秀逸です。時代の風ってこういうことだあ〜
ふわりと風をはらむ美しいシャツたち。春ってシャツの季節ですもんね。
大人でもこうすればビッグシルエットを品よく着られるんだ、とうれしくなるそんな記事ですよ。


Profile
男性美容研究家・エッセイスト

藤村 Fujimura Gaku

新刊『一流の男はなぜ爪の手入れをするのか?』を上梓!

『男の身だしなみ100の基本』はこちら

オスカープロモーションに所属しました

DANBIKEN~男性美容研究所~

twitter

facebook

All About
【男のコスメ・スキンケア】ガイド

男性美容研究家
1973年、東京生まれ。大学卒業後、植物関連の雑誌・書籍の編集を行い、ハーブやアロマテラピーの知識を得る。そんな中、男性が読む美容記事を日々ヒゲを剃らない女性が書くことに違和感を覚え、独立。シェービングを中心に据えた独自の男性美容理論を打ち立て、男性美容のパイオニアとして活動中。総合情報サイト『All About』にて「メンズコスメ」のガイドも務め、数々のテレビ番組やラジオなどの出演のほか、講演・イベントなども行う。

また、コンサルタントとしてコスメの開発に携わる。その他、男性用コスメのマーケティングやコンサルティングも行う。国内外のスパを訪れ、男性が楽しめるスパ・エステについても造詣が深い。

保存保存

2018年5月号の『デジモノステーション』では

2018年5月号の『デジモノステーション』の連載「男美均整のコトハジメ」。
今回のテーマは口周りの印象を良くする方法です。

画像は公式サイトから

ズバリ、大人の歯列矯正とガミースマイル対策なのですが、早くも反響が。
欧米ではステイタスのひとつとして認識されていて、グローバルな交流がある現在、
気にしておいた方が何かと不利益を被らなくていいわけで。

もちろん、歯並びが悪いといけないと言っているわけではなく、
自分でも気づかないうちにチェックされていることもありますよ、という注意喚起です。

今の自分と子どもたちに必要なものを考えるきっかけとなるように願って、書きました。



Profile
男性美容研究家・エッセイスト

藤村 Fujimura Gaku

新刊『一流の男はなぜ爪の手入れをするのか?』を上梓!

『男の身だしなみ100の基本』はこちら

オスカープロモーションに所属しました

DANBIKEN~男性美容研究所~

twitter

facebook

All About
【男のコスメ・スキンケア】ガイド

男性美容研究家
1973年、東京生まれ。大学卒業後、植物関連の雑誌・書籍の編集を行い、ハーブやアロマテラピーの知識を得る。そんな中、男性が読む美容記事を日々ヒゲを剃らない女性が書くことに違和感を覚え、独立。シェービングを中心に据えた独自の男性美容理論を打ち立て、男性美容のパイオニアとして活動中。総合情報サイト『All About』にて「メンズコスメ」のガイドも務め、数々のテレビ番組やラジオなどの出演のほか、講演・イベントなども行う。

また、コンサルタントとしてコスメの開発に携わる。その他、男性用コスメのマーケティングやコンサルティングも行う。国内外のスパを訪れ、男性が楽しめるスパ・エステについても造詣が深い。

保存保存

2018年3月9日金曜日

2018年4月号の『デジモノステーション』では

2018年4月号の『デジモノステーション』では、2つの記事を担当。

画像は公式サイトから

ひとつ目は特集の「生活家電買い方の3ルール」で電動シェーバーを。
ボクなりのこだわりがありまして、切れ味はもちろん、肌のことを考えた
賢い買い方を提案しています。それには、アレが必須なんです。

そしていつもの連載「男美均整のコトハジメ」ではパーツケアを取り上げました。
神は細部に宿るといいますが、人の顔だって細部が大事。
細部が集まって、形となるのですから。

ということで、メンテ方法も含めて10のケアをご紹介。
こちらは既にwebでアップされていて、さらにスマートニュースに取り上げられているので
かなり拡散しているようです。ありがたや、ありがたや。

少しのケアで印象アップ!男の顔メンテナンス10大ポイント


Profile
男性美容研究家・エッセイスト

藤村 Fujimura Gaku

新刊『一流の男はなぜ爪の手入れをするのか?』を上梓!

『男の身だしなみ100の基本』はこちら

オスカープロモーションに所属しました

DANBIKEN~男性美容研究所~

twitter

facebook

All About
【男のコスメ・スキンケア】ガイド

男性美容研究家
1973年、東京生まれ。大学卒業後、植物関連の雑誌・書籍の編集を行い、ハーブやアロマテラピーの知識を得る。そんな中、男性が読む美容記事を日々ヒゲを剃らない女性が書くことに違和感を覚え、独立。シェービングを中心に据えた独自の男性美容理論を打ち立て、男性美容のパイオニアとして活動中。総合情報サイト『All About』にて「メンズコスメ」のガイドも務め、数々のテレビ番組やラジオなどの出演のほか、講演・イベントなども行う。

また、コンサルタントとしてコスメの開発に携わる。その他、男性用コスメのマーケティングやコンサルティングも行う。国内外のスパを訪れ、男性が楽しめるスパ・エステについても造詣が深い。

2018年4月号の『Safari』では

2018年4月号の『Safari』の連載を執筆。

こちらも相変わらず強烈なMAHO節が炸裂しています。

画像は公式サイトから

今月はサンローランの久しぶりの新作。
Yのボトルが本当に格好いいんだなあ、これが。

Profile
男性美容研究家・エッセイスト

藤村 Fujimura Gaku

新刊『一流の男はなぜ爪の手入れをするのか?』を上梓!

『男の身だしなみ100の基本』はこちら

オスカープロモーションに所属しました

DANBIKEN~男性美容研究所~

twitter

facebook

All About
【男のコスメ・スキンケア】ガイド

男性美容研究家
1973年、東京生まれ。大学卒業後、植物関連の雑誌・書籍の編集を行い、ハーブやアロマテラピーの知識を得る。そんな中、男性が読む美容記事を日々ヒゲを剃らない女性が書くことに違和感を覚え、独立。シェービングを中心に据えた独自の男性美容理論を打ち立て、男性美容のパイオニアとして活動中。総合情報サイト『All About』にて「メンズコスメ」のガイドも務め、数々のテレビ番組やラジオなどの出演のほか、講演・イベントなども行う。

また、コンサルタントとしてコスメの開発に携わる。その他、男性用コスメのマーケティングやコンサルティングも行う。国内外のスパを訪れ、男性が楽しめるスパ・エステについても造詣が深い。

2018年4月号の『UOMO』では

2018年4月号の『UOMO』。
お知らせは2つ。
画像は公式サイトから

まずは、美容連載「藤村岳の美ーシック」。
今号はイプサのザ・タイムR アクアを取り上げています。
女性だけではなく男性にもファンが多い、この化粧水。ホントに使えるんです。

何でこんなに人気なの?というところを深掘り。
自分で書いてみて、改めて「やっぱりいいアイテムだなあ」と感心することしきりでした。

そして、先に発表しましたように3月17日(土)に大阪の阪急メンズ館にてイベントやります。
あのラボ シリーズの超高級男性化粧品や車が当たりますので、詳細をチェックしてください。

スナップ撮影&ファッション診断


どうぞ、誌面でそしてdマガジンなどでチェックしてください。

大阪や関西圏のみなさんは、ぜひ会場でお目にかかりましょう。
肌測定もできますよ!


Profile
男性美容研究家・エッセイスト

藤村 Fujimura Gaku

新刊『一流の男はなぜ爪の手入れをするのか?』を上梓!

『男の身だしなみ100の基本』はこちら

オスカープロモーションに所属しました

DANBIKEN~男性美容研究所~

twitter

facebook

All About
【男のコスメ・スキンケア】ガイド

男性美容研究家
1973年、東京生まれ。大学卒業後、植物関連の雑誌・書籍の編集を行い、ハーブやアロマテラピーの知識を得る。そんな中、男性が読む美容記事を日々ヒゲを剃らない女性が書くことに違和感を覚え、独立。シェービングを中心に据えた独自の男性美容理論を打ち立て、男性美容のパイオニアとして活動中。総合情報サイト『All About』にて「メンズコスメ」のガイドも務め、数々のテレビ番組やラジオなどの出演のほか、講演・イベントなども行う。

また、コンサルタントとしてコスメの開発に携わる。その他、男性用コスメのマーケティングやコンサルティングも行う。国内外のスパを訪れ、男性が楽しめるスパ・エステについても造詣が深い。

2018年4月号の『MEN'S EX』で連載復活

2018年4月号の『MEN'S EX』で連載復活です。

しばらくお休みしておりました、『MEN'S EX』の連載。
今号から復活していまして、その名も「細胞から体育」です。

画像は公式サイトから

え、よくわかんない?って。
今までの美容情報をより突っ込んだ形で展開するものでして
最新コスメが云々、という情報も興味のある方々にはいいのですが、
何しろ男性は「これどうやって使うの?」というビギナーさんも多いわけで。

女性のようにケアやメンテに対する知識が均一ではない。
ということで、詳しい使い方やケア方法、そしてそれをすることによって
どんなメリットがあるのか?と解説していこう、と。

細胞からと銘打っているように、表面だけではなく身体の内部まで
考慮した上での情報をお届けするものなんです。

ということで、第1回は花粉症の対策。
基本から応用まで、でもすぐに採り入れられるそんなチップス集めました。

Profile
男性美容研究家・エッセイスト

藤村 Fujimura Gaku

新刊『一流の男はなぜ爪の手入れをするのか?』を上梓!

『男の身だしなみ100の基本』はこちら

オスカープロモーションに所属しました

DANBIKEN~男性美容研究所~

twitter

facebook

All About
【男のコスメ・スキンケア】ガイド

男性美容研究家
1973年、東京生まれ。大学卒業後、植物関連の雑誌・書籍の編集を行い、ハーブやアロマテラピーの知識を得る。そんな中、男性が読む美容記事を日々ヒゲを剃らない女性が書くことに違和感を覚え、独立。シェービングを中心に据えた独自の男性美容理論を打ち立て、男性美容のパイオニアとして活動中。総合情報サイト『All About』にて「メンズコスメ」のガイドも務め、数々のテレビ番組やラジオなどの出演のほか、講演・イベントなども行う。

また、コンサルタントとしてコスメの開発に携わる。その他、男性用コスメのマーケティングやコンサルティングも行う。国内外のスパを訪れ、男性が楽しめるスパ・エステについても造詣が深い。

2018年2月28日水曜日

2018年4月号の『GOETHE』では

2018年4月号の『GOETHE』。



連載「美意識過剰」ではイソップにフィーチャーを。
よく勘違いされていますが、決してオーガニックって訳じゃないんですよね、イソップ。

ラボの最新の知見と植物の力を融合させています。遮光瓶のちょっとギークな感じも好み。
春に発売の混合肌用のアイテムもいち早くご紹介しておりますよ。


Profile
男性美容研究家・エッセイスト

藤村 Fujimura Gaku

新刊『一流の男はなぜ爪の手入れをするのか?』を上梓!

『男の身だしなみ100の基本』はこちら

オスカープロモーションに所属しました

DANBIKEN~男性美容研究所~

twitter

facebook

All About
【男のコスメ・スキンケア】ガイド

男性美容研究家
1973年、東京生まれ。大学卒業後、植物関連の雑誌・書籍の編集を行い、ハーブやアロマテラピーの知識を得る。そんな中、男性が読む美容記事を日々ヒゲを剃らない女性が書くことに違和感を覚え、独立。シェービングを中心に据えた独自の男性美容理論を打ち立て、男性美容のパイオニアとして活動中。総合情報サイト『All About』にて「メンズコスメ」のガイドも務め、数々のテレビ番組やラジオなどの出演のほか、講演・イベントなども行う。

また、コンサルタントとしてコスメの開発に携わる。その他、男性用コスメのマーケティングやコンサルティングも行う。国内外のスパを訪れ、男性が楽しめるスパ・エステについても造詣が深い。


2018年2月22日木曜日

WEBマガジン・Trace[トレース]では

NTTグループカードWEBマガジン|Trace[トレース]。

トレスポ[快適に暮らすための男性美容の今を探る]でインタビューを受けました。
スポーツ新聞テイストのビジュアルがインパクトありますよね。

通常、スポーツ新聞だとかなり煽り系になるのですが、こちらはビジュアルとは裏腹にいたって真面目。
(当たり前ですが)内容、きちんとしています。その辺りはNTTグループのサイトだからかなあ?、と。
このギャップが読ませるコツかな。勉強になります。

さて、今回はスキンケア初心者向けにアイテムもセレクトしました。
すぐに買えるモノをというコンセプトで選んだ3品ですから、ぜひご活用を。



Profile
男性美容研究家・エッセイスト

藤村 Fujimura Gaku

新刊『一流の男はなぜ爪の手入れをするのか?』を上梓!

『男の身だしなみ100の基本』はこちら

オスカープロモーションに所属しました

DANBIKEN~男性美容研究所~

twitter

facebook

All About
【男のコスメ・スキンケア】ガイド

男性美容研究家
1973年、東京生まれ。大学卒業後、植物関連の雑誌・書籍の編集を行い、ハーブやアロマテラピーの知識を得る。そんな中、男性が読む美容記事を日々ヒゲを剃らない女性が書くことに違和感を覚え、独立。シェービングを中心に据えた独自の男性美容理論を打ち立て、男性美容のパイオニアとして活動中。総合情報サイト『All About』にて「メンズコスメ」のガイドも務め、数々のテレビ番組やラジオなどの出演のほか、講演・イベントなども行う。

また、コンサルタントとしてコスメの開発に携わる。その他、男性用コスメのマーケティングやコンサルティングも行う。国内外のスパを訪れ、男性が楽しめるスパ・エステについても造詣が深い。

2018年2月21日水曜日

2018年2月26日号の『AERA』では

2018年2月26日号の『AERA』には小冊子「ランナーズアエラ」の綴じ込みが入っていまして、そこに登場しています。

画像は公式サイトから

そこで、ランナーの皆さんが気をつけるべきスキンケアをご紹介しています。
もちろんボクお勧めのアイテムも。

というか、すっかり忘れていたんですよね。
友人から「アエラに出てるね」って言われて、「え!」となって、見てみたら自分が出ていた。
「あ!」っと思い出したのは昨年、11月の終わりにご連絡をいただいたこと。

新聞社系列だからでしょうか、とにかく前倒しでしっかりと余裕のあるスケジュール。
月刊誌、週刊誌の慌ただしさを知っている(そして、悲しいことに慣れてしまう)と、それがはるか過去のことに思えるのです。

ともあれ、2018年2月25日は東京マラソンです。
参加されるみなさん、がんばってください!

Profile
男性美容研究家・エッセイスト

藤村 Fujimura Gaku

新刊『一流の男はなぜ爪の手入れをするのか?』を上梓!

『男の身だしなみ100の基本』はこちら

オスカープロモーションに所属しました

DANBIKEN~男性美容研究所~

twitter

facebook

All About
【男のコスメ・スキンケア】ガイド

男性美容研究家
1973年、東京生まれ。大学卒業後、植物関連の雑誌・書籍の編集を行い、ハーブやアロマテラピーの知識を得る。そんな中、男性が読む美容記事を日々ヒゲを剃らない女性が書くことに違和感を覚え、独立。シェービングを中心に据えた独自の男性美容理論を打ち立て、男性美容のパイオニアとして活動中。総合情報サイト『All About』にて「メンズコスメ」のガイドも務め、数々のテレビ番組やラジオなどの出演のほか、講演・イベントなども行う。

また、コンサルタントとしてコスメの開発に携わる。その他、男性用コスメのマーケティングやコンサルティングも行う。国内外のスパを訪れ、男性が楽しめるスパ・エステについても造詣が深い。

2018年2月15日木曜日

2018年3月号の『Men's JOKER』では


2018年3月号の『Men's JOKER』の巻頭特集の中の
「目利きが選ぶちょっと贅沢な日用品」に出ています。


画像は公式サイトから

こだわりのコスメを5品、紹介しました。
MJ世代に刺さるものって何だろう?と考えた末の珠玉のアイテムです。

結局、自分が使って本当によかったモノばかり。
これは自信を持ってお勧めできますよ。

そういえば、MJ初登場なんです、ボク。
いろいろな雑誌とお付き合いがありますが、MJは初めて。

でも、ずっと読んでいたから違和感なくサ
クサクと進められました。
ありがたや、ありがたや。

できあがってきたビジュアルを見たときに「あ、MJっぽいな」って思いましたもの。
すごーく自然になじんむことができたなあ。
いくら長くやってもなじめない媒体もあるのにねえ(苦笑)


Profile
男性美容研究家・エッセイスト

藤村 岳 Fujimura Gaku

*新刊『一流の男はなぜ爪の手入れをするのか?』を上梓!
http://goo.gl/nXIUNs
http://tkj.jp/book/?cd=02525901

『男の身だしなみ100の基本』はこちら
http://goo.gl/2uclP
https://www.ei-publishing.co.jp/magazines/detail/mook-406239/

○オスカープロモーションに所属しました
http://www.oscarpro.co.jp/

○DANBIKEN~男性美容研究所~
http://danbiken.net/

○twitter
http://twitter.com/gaku_gaku

○facebook
http://www.facebook.com/profile.php?id=100001596815629

○All About
【男のコスメ・スキンケア】ガイド
http://allabout.co.jp/gs/menscosmetic/

男性美容研究家
1973年、東京生まれ。大学卒業後、植物関連の雑誌・書籍の編集を行い、ハーブやアロマテラピーの知識を得る。そんな中、男性が読む美容記事を日々ヒゲを剃らない女性が書くことに違和感を覚え、独立。シェービングを中心に据えた独自の男性美容理論を打ち立て、男性美容のパイオニアとして活動中。総合情報サイト『All About』にて「メンズコスメ」のガイドも務め、数々のテレビ番組やラジオなどの出演のほか、講演・イベントなども行う。
また、コンサルタントとしてコスメの開発に携わる。その他、男性用コスメのマーケティングやコンサルティングも行う。国内外のスパを訪れ、男性が楽しめるスパ・エステについても造詣が深い。

2018年1月27日土曜日

デイリーポータルZでは

いつもと真逆のオファーが来ましてね。
びっくりするとともに、面白いなあ、と思ったんですよ。 

そして、いかにもデイリーポータルZっぽいでしょう? ネットの黎明期から活躍している林雄司さん。webやぎの目はあまりにも有名なサイトだからボクが説明するまでもありませんね。

画像は公式サイトから

その目のつけどころのセンスのよさに毎度、脱帽しているので、今回のオファーをウケるかどうかちょっと考えたんですけど、何しろやってみたいという内なる欲望に抗えませんでした。というわけで、こんな楽しい記事になっています。

「寝てないんです」をもっともらしく見せるメイク術 - デイリーポータルZ  



年末から正月にかけて、自分の顔で実験を繰り返しました。最初は不安だったんですけど、だんだん楽しくなってきましてね。それがこの結果です。

「男子×メイク」って、おもしろい。これ、今までの揶揄される意味じゃなくて、絶対、新しい展開できると思います。

2018年1月26日金曜日

2018年3月号の『デジモノステーション』では

2018年3月号の『デジモノステーション』。

連載の「藤村岳 男美均整のコトハジメ」では、タブーされがちな性の問題について切り込んでみました。直接の美容とはやや離れますが、ヘルスケアの一環と考えると、体のことを気遣うのは理に適っているかと。

で、タイトルは「今こそ再び! 大人の性教育、事始め」とつけてみましたよ。きっかけは、セクシュアルアメニティが昨年、発売になったこと。それを皮切りに気になるニュースや調査結果がどんどん上がってきたんですね。

画像は公式サイトから



多くの若い男性が膣内射精障害を抱えているってご存知でした? そしてその原因って何? 他にも女性の生理用品が原因で足を切断なんてショッキングなニュースもありまして、こりゃ少し掘り下げて取材してみようと思ったんです。

35歳の男性にとっても妊活は深刻な問題。その前にEDかもしれませんしね。そんなこんなで、今再びの性教育、そんな社会はテーマでお送りしております。ぜひ、読んでみてくださいね! あ、もちろん、DマガジンでもOKです。


Profile
男性美容研究家・エッセイスト

藤村 Fujimura Gaku

新刊『一流の男はなぜ爪の手入れをするのか?』を上梓!

『男の身だしなみ100の基本』はこちら

オスカープロモーションに所属しました

DANBIKEN~男性美容研究所~

twitter

facebook

All About
【男のコスメ・スキンケア】ガイド

男性美容研究家
1973年、東京生まれ。大学卒業後、植物関連の雑誌・書籍の編集を行い、ハーブやアロマテラピーの知識を得る。そんな中、男性が読む美容記事を日々ヒゲを剃らない女性が書くことに違和感を覚え、独立。シェービングを中心に据えた独自の男性美容理論を打ち立て、男性美容のパイオニアとして活動中。総合情報サイト『All About』にて「メンズコスメ」のガイドも務め、数々のテレビ番組やラジオなどの出演のほか、講演・イベントなども行う。

また、コンサルタントとしてコスメの開発に携わる。その他、男性用コスメのマーケティングやコンサルティングも行う。国内外のスパを訪れ、男性が楽しめるスパ・エステについても造詣が深い。