2018年5月6日日曜日

2018年6月号の『MEN'S EX』では

2018年6月号の『MEN'S EX』では連載の『細胞から体育』(←相変わらずスゴイタイトルw)を担当しました。今回は〝日焼け対策〟です。毎年、この時期になると取材されるテーマNo.1。まあ、そうですよね。前回の『UOMO』でもいいましたが、「もう日焼けなんかしない」というくらいの気概を持たなくちゃダメなんです。

画像は公式サイトから


だっていいことひとつもないんですもん。そりゃ、ビタミンDの合成には必要ですけどね。そんなの膝から下、足の裏を15分くらい日に当たればいいって、NHKの『ガッテン』でやってましたし。それに干しシイタケとか食べてればいいし、サプリメントだって今の時代あるしね。

となると、日焼けしていいことってやっぱりないんですよね。今回は塗る日焼け止めと飲む日焼け止めをご紹介。内と外と両面ケアで、光老化から体を守り、健康に過ごす術をご指南しております。

Profile
男性美容研究家・エッセイスト

藤村 Fujimura Gaku

新刊『一流の男はなぜ爪の手入れをするのか?』を上梓!

『男の身だしなみ100の基本』はこちら

オスカープロモーションに所属しました

DANBIKEN~男性美容研究所~

twitter

facebook

All About
【男のコスメ・スキンケア】ガイド

男性美容研究家
1973年、東京生まれ。大学卒業後、植物関連の雑誌・書籍の編集を行い、ハーブやアロマテラピーの知識を得る。そんな中、男性が読む美容記事を日々ヒゲを剃らない女性が書くことに違和感を覚え、独立。シェービングを中心に据えた独自の男性美容理論を打ち立て、男性美容のパイオニアとして活動中。総合情報サイト『All About』にて「メンズコスメ」のガイドも務め、数々のテレビ番組やラジオなどの出演のほか、講演・イベントなども行う。

また、コンサルタントとしてコスメの開発に携わる。その他、男性用コスメのマーケティングやコンサルティングも行う。国内外のスパを訪れ、男性が楽しめるスパ・エステについても造詣が深い。

2018年5月5日土曜日

2018年6月号の『デジモノステーション』では

2018年5月号の『デジモノステーション』。今号から左開きに変更です。紙媒体だと実感が湧くのですが、webで見るとそうでもない? 否、dマガジンでページを進める方向が違うから、ちょっとびっくり。『GQ』なんかもそうですね。

画像は公式サイトから


で、今回は連載なんですけど、ちょっと前の方のページに。というのも、カドーの空気清浄機をレビューしたから。これね、いいんですよ。いろいろと。内容は中面をご確認いただくとして、素直にきれいなんです。ああ、美しい筐体だなあと思えるそんな家電って、使っていてうれしいよね、ってこと。

ちょい恥ずかしいですが、ボク、全面に出ております。仕事場で撮影してもらったんですけど、光の入り方がすごくきれいでね。それもまた、うれしいなあ。スタッフの皆様、ありがとうございました!

Profile
男性美容研究家・エッセイスト

藤村 Fujimura Gaku

新刊『一流の男はなぜ爪の手入れをするのか?』を上梓!

『男の身だしなみ100の基本』はこちら

オスカープロモーションに所属しました

DANBIKEN~男性美容研究所~

twitter

facebook

All About
【男のコスメ・スキンケア】ガイド

男性美容研究家
1973年、東京生まれ。大学卒業後、植物関連の雑誌・書籍の編集を行い、ハーブやアロマテラピーの知識を得る。そんな中、男性が読む美容記事を日々ヒゲを剃らない女性が書くことに違和感を覚え、独立。シェービングを中心に据えた独自の男性美容理論を打ち立て、男性美容のパイオニアとして活動中。総合情報サイト『All About』にて「メンズコスメ」のガイドも務め、数々のテレビ番組やラジオなどの出演のほか、講演・イベントなども行う。

また、コンサルタントとしてコスメの開発に携わる。その他、男性用コスメのマーケティングやコンサルティングも行う。国内外のスパを訪れ、男性が楽しめるスパ・エステについても造詣が深い。

2018年6月号の『Safari』では

2018年6月号の『Safari』の香水連載では、イケイケのグッチです。アレッサンドロ ミケーレが就任してから、本当にすごいですよね。ボクもいろいろ欲しいものが出てきて、困ってしまいます。だって高いから。

画像は公式サイトから


でも、香水は買いやすいお値段でうれしい限り。大ヒット中のギルティシリーズから新作が出まして、定番と比較しております。この体裁って、初代の編集T氏が考えてくれたのですが、他にはない本当におもしろい企画。よく知っている香りのはずなのに新旧を比べることで、取材していても、執筆していても毎回、新しい発見があるんです。ありがたや。

Profile
男性美容研究家・エッセイスト

藤村 Fujimura Gaku

新刊『一流の男はなぜ爪の手入れをするのか?』を上梓!

『男の身だしなみ100の基本』はこちら

オスカープロモーションに所属しました

DANBIKEN~男性美容研究所~

twitter

facebook

All About
【男のコスメ・スキンケア】ガイド

男性美容研究家
1973年、東京生まれ。大学卒業後、植物関連の雑誌・書籍の編集を行い、ハーブやアロマテラピーの知識を得る。そんな中、男性が読む美容記事を日々ヒゲを剃らない女性が書くことに違和感を覚え、独立。シェービングを中心に据えた独自の男性美容理論を打ち立て、男性美容のパイオニアとして活動中。総合情報サイト『All About』にて「メンズコスメ」のガイドも務め、数々のテレビ番組やラジオなどの出演のほか、講演・イベントなども行う。

また、コンサルタントとしてコスメの開発に携わる。その他、男性用コスメのマーケティングやコンサルティングも行う。国内外のスパを訪れ、男性が楽しめるスパ・エステについても造詣が深い。



保存保存

2018年6月号の『UOMO』では

2018年5月号の『UOMO』。特集は「40歳男子へ 夏までに40の宿題」です。宿題かあ、社会人になるとあんまり宿題って言いませんよね。仕事とか残務とか。

画像は公式サイトから
読み進めると、「わー、これも宿題なのかあ」と思うような提言もあって、身につまされます。で、その一部で「もう日焼けなんかしない」というエッセイを書きました。最新の研究成果なんかも踏まえつつ、なんで大人が日焼けしたらNGなのかを訴えています。積極的に日焼けはもってのほかですが、無関心・無頓着なのも許されないんだよーという内容です。読んでね。

で、連載『藤村岳の美ーシック』では、パナソニックのボディトリマーを取り上げました。昨年、大ヒットしたアレです。今年、リニューアルしてさらにパワーアップ。蒸し暑くなるこれからの季節、大活躍します。で、何がそんなにヒットしたのか? どうして使い勝手がいいのか、はこちらを見ていただければ、納得していただけるはずですよ。

Profile
男性美容研究家・エッセイスト

藤村 Fujimura Gaku

新刊『一流の男はなぜ爪の手入れをするのか?』を上梓!

『男の身だしなみ100の基本』はこちら

オスカープロモーションに所属しました

DANBIKEN~男性美容研究所~

twitter

facebook

All About
【男のコスメ・スキンケア】ガイド

男性美容研究家
1973年、東京生まれ。大学卒業後、植物関連の雑誌・書籍の編集を行い、ハーブやアロマテラピーの知識を得る。そんな中、男性が読む美容記事を日々ヒゲを剃らない女性が書くことに違和感を覚え、独立。シェービングを中心に据えた独自の男性美容理論を打ち立て、男性美容のパイオニアとして活動中。総合情報サイト『All About』にて「メンズコスメ」のガイドも務め、数々のテレビ番組やラジオなどの出演のほか、講演・イベントなども行う。

また、コンサルタントとしてコスメの開発に携わる。その他、男性用コスメのマーケティングやコンサルティングも行う。国内外のスパを訪れ、男性が楽しめるスパ・エステについても造詣が深い。

保存保存

2018年6月号の『GOETHE』では

2018年5月号の『GOETHE』。
あれ、櫻井翔さん出ていいの?と思ったら、表紙は解禁なんでしたっけね。中面は相変わらずグレーでした。
画像は公式サイトから

ということで、連載『美意識過剰!』ではニュクスを取り上げています。なんとなく女性用のブランドというイメージですが、さにあらず。

本国では実はもっとアイテムがたくさんあって、実はメンズラインもあるんです。今回は紹介していませんけどね。やはり売れ筋のアイテムはあのオイル。男性ファンも多いというのも納得なくらいサラサラなんですよね。しかも髪、顔、体とマルチユースだし。ちなみに今号から随分読みやすくなっていますので、そこら辺もチェックしてみてくださいませ。

Profile
男性美容研究家・エッセイスト

藤村 Fujimura Gaku

新刊『一流の男はなぜ爪の手入れをするのか?』を上梓!

『男の身だしなみ100の基本』はこちら

オスカープロモーションに所属しました

DANBIKEN~男性美容研究所~

twitter

facebook

All About
【男のコスメ・スキンケア】ガイド

男性美容研究家
1973年、東京生まれ。大学卒業後、植物関連の雑誌・書籍の編集を行い、ハーブやアロマテラピーの知識を得る。そんな中、男性が読む美容記事を日々ヒゲを剃らない女性が書くことに違和感を覚え、独立。シェービングを中心に据えた独自の男性美容理論を打ち立て、男性美容のパイオニアとして活動中。総合情報サイト『All About』にて「メンズコスメ」のガイドも務め、数々のテレビ番組やラジオなどの出演のほか、講演・イベントなども行う。

また、コンサルタントとしてコスメの開発に携わる。その他、男性用コスメのマーケティングやコンサルティングも行う。国内外のスパを訪れ、男性が楽しめるスパ・エステについても造詣が深い。

2018年3月29日木曜日

2018年5月号の『GOETHE』では

2018年5月号の『GOETHE』の連載「美意識過剰」で、ニールズヤード レメディーズを取り上げています。

画像は公式サイトから

ガチガチに固まった思考ではなく、緩やかに生活に入り込む今のオーガニックコスメの基礎作りをしたブランドの真髄はどこにあるのか? そしてなぜ日本でこれほどまでに成功しているのか、とビジネス的に分析しています。

こういうアプローチをさせてもらえる『GOETHE』って、本当にありがたいです。感謝。

そうそう、特集の「アンチエイジングの掟」でもオススメのアイテムやスポット、香りを紹介していますよ。


Profile
男性美容研究家・エッセイスト

藤村 Fujimura Gaku

新刊『一流の男はなぜ爪の手入れをするのか?』を上梓!

『男の身だしなみ100の基本』はこちら

オスカープロモーションに所属しました

DANBIKEN~男性美容研究所~

twitter

facebook

All About
【男のコスメ・スキンケア】ガイド

男性美容研究家
1973年、東京生まれ。大学卒業後、植物関連の雑誌・書籍の編集を行い、ハーブやアロマテラピーの知識を得る。そんな中、男性が読む美容記事を日々ヒゲを剃らない女性が書くことに違和感を覚え、独立。シェービングを中心に据えた独自の男性美容理論を打ち立て、男性美容のパイオニアとして活動中。総合情報サイト『All About』にて「メンズコスメ」のガイドも務め、数々のテレビ番組やラジオなどの出演のほか、講演・イベントなども行う。
また、コンサルタントとしてコスメの開発に携わる。その他、男性用コスメのマーケティングやコンサルティングも行う。国内外のスパを訪れ、男性が楽しめるスパ・エステについても造詣が深い。

2018年5月号の『Safari』では

2018年5月号の『Safari』で連載を執筆。

画像は公式サイトから


そして気になるブランドはなんとフローリス。
英国モノをSafariで扱うって、ちょっとめずらしいでしょ?
でも、ちゃーんと理由があるのです。

この対談をしたら久しぶりに襟付きシャツをパリッと着たくなりました。
香りと特定の体験って、とても結びつきやすい。

あることをすると香りが浮かんできたり、
決まった香りをかぐと、ある情景が浮かんできたり。
これをプルースト効果と呼びます。

ま、難しい話はさておき、今号もぶっ飛ばしているMAHO様のイケイケぶりをご堪能あれ!

Profile
男性美容研究家・エッセイスト

藤村 Fujimura Gaku

新刊『一流の男はなぜ爪の手入れをするのか?』を上梓!

『男の身だしなみ100の基本』はこちら

オスカープロモーションに所属しました

DANBIKEN~男性美容研究所~

twitter

facebook

All About
【男のコスメ・スキンケア】ガイド

男性美容研究家
1973年、東京生まれ。大学卒業後、植物関連の雑誌・書籍の編集を行い、ハーブやアロマテラピーの知識を得る。そんな中、男性が読む美容記事を日々ヒゲを剃らない女性が書くことに違和感を覚え、独立。シェービングを中心に据えた独自の男性美容理論を打ち立て、男性美容のパイオニアとして活動中。総合情報サイト『All About』にて「メンズコスメ」のガイドも務め、数々のテレビ番組やラジオなどの出演のほか、講演・イベントなども行う。

また、コンサルタントとしてコスメの開発に携わる。その他、男性用コスメのマーケティングやコンサルティングも行う。国内外のスパを訪れ、男性が楽しめるスパ・エステについても造詣が深い。

2018年5月号の『UOMO』では

2018年5月号の『UOMO』では連載「藤村岳の美ーシック」で、真打ちラボ シリーズの“エイジR+”が登場。

画像は公式サイトから


ボクの中では、今のメンズコスメの原点がここにあると思っています。
出発点なんだけど、決して古くさくなく、未だにトップランナーとして独走中。

そんなアイテムがどうやって生まれたのか、そしてなぜそんなに支持されているのかを分析しました。

で、ここからは読者として特集について。

40歳男子、実は「ゆとり世代」でした。シャツにも「ゆとり」の風が吹いてきた

これ、秀逸です。時代の風ってこういうことだあ〜
ふわりと風をはらむ美しいシャツたち。春ってシャツの季節ですもんね。
大人でもこうすればビッグシルエットを品よく着られるんだ、とうれしくなるそんな記事ですよ。


Profile
男性美容研究家・エッセイスト

藤村 Fujimura Gaku

新刊『一流の男はなぜ爪の手入れをするのか?』を上梓!

『男の身だしなみ100の基本』はこちら

オスカープロモーションに所属しました

DANBIKEN~男性美容研究所~

twitter

facebook

All About
【男のコスメ・スキンケア】ガイド

男性美容研究家
1973年、東京生まれ。大学卒業後、植物関連の雑誌・書籍の編集を行い、ハーブやアロマテラピーの知識を得る。そんな中、男性が読む美容記事を日々ヒゲを剃らない女性が書くことに違和感を覚え、独立。シェービングを中心に据えた独自の男性美容理論を打ち立て、男性美容のパイオニアとして活動中。総合情報サイト『All About』にて「メンズコスメ」のガイドも務め、数々のテレビ番組やラジオなどの出演のほか、講演・イベントなども行う。

また、コンサルタントとしてコスメの開発に携わる。その他、男性用コスメのマーケティングやコンサルティングも行う。国内外のスパを訪れ、男性が楽しめるスパ・エステについても造詣が深い。

保存保存

2018年5月号の『デジモノステーション』では

2018年5月号の『デジモノステーション』の連載「男美均整のコトハジメ」。
今回のテーマは口周りの印象を良くする方法です。

画像は公式サイトから

ズバリ、大人の歯列矯正とガミースマイル対策なのですが、早くも反響が。
欧米ではステイタスのひとつとして認識されていて、グローバルな交流がある現在、
気にしておいた方が何かと不利益を被らなくていいわけで。

もちろん、歯並びが悪いといけないと言っているわけではなく、
自分でも気づかないうちにチェックされていることもありますよ、という注意喚起です。

今の自分と子どもたちに必要なものを考えるきっかけとなるように願って、書きました。



Profile
男性美容研究家・エッセイスト

藤村 Fujimura Gaku

新刊『一流の男はなぜ爪の手入れをするのか?』を上梓!

『男の身だしなみ100の基本』はこちら

オスカープロモーションに所属しました

DANBIKEN~男性美容研究所~

twitter

facebook

All About
【男のコスメ・スキンケア】ガイド

男性美容研究家
1973年、東京生まれ。大学卒業後、植物関連の雑誌・書籍の編集を行い、ハーブやアロマテラピーの知識を得る。そんな中、男性が読む美容記事を日々ヒゲを剃らない女性が書くことに違和感を覚え、独立。シェービングを中心に据えた独自の男性美容理論を打ち立て、男性美容のパイオニアとして活動中。総合情報サイト『All About』にて「メンズコスメ」のガイドも務め、数々のテレビ番組やラジオなどの出演のほか、講演・イベントなども行う。

また、コンサルタントとしてコスメの開発に携わる。その他、男性用コスメのマーケティングやコンサルティングも行う。国内外のスパを訪れ、男性が楽しめるスパ・エステについても造詣が深い。

保存保存

2018年3月9日金曜日

2018年4月号の『デジモノステーション』では

2018年4月号の『デジモノステーション』では、2つの記事を担当。

画像は公式サイトから

ひとつ目は特集の「生活家電買い方の3ルール」で電動シェーバーを。
ボクなりのこだわりがありまして、切れ味はもちろん、肌のことを考えた
賢い買い方を提案しています。それには、アレが必須なんです。

そしていつもの連載「男美均整のコトハジメ」ではパーツケアを取り上げました。
神は細部に宿るといいますが、人の顔だって細部が大事。
細部が集まって、形となるのですから。

ということで、メンテ方法も含めて10のケアをご紹介。
こちらは既にwebでアップされていて、さらにスマートニュースに取り上げられているので
かなり拡散しているようです。ありがたや、ありがたや。

少しのケアで印象アップ!男の顔メンテナンス10大ポイント


Profile
男性美容研究家・エッセイスト

藤村 Fujimura Gaku

新刊『一流の男はなぜ爪の手入れをするのか?』を上梓!

『男の身だしなみ100の基本』はこちら

オスカープロモーションに所属しました

DANBIKEN~男性美容研究所~

twitter

facebook

All About
【男のコスメ・スキンケア】ガイド

男性美容研究家
1973年、東京生まれ。大学卒業後、植物関連の雑誌・書籍の編集を行い、ハーブやアロマテラピーの知識を得る。そんな中、男性が読む美容記事を日々ヒゲを剃らない女性が書くことに違和感を覚え、独立。シェービングを中心に据えた独自の男性美容理論を打ち立て、男性美容のパイオニアとして活動中。総合情報サイト『All About』にて「メンズコスメ」のガイドも務め、数々のテレビ番組やラジオなどの出演のほか、講演・イベントなども行う。

また、コンサルタントとしてコスメの開発に携わる。その他、男性用コスメのマーケティングやコンサルティングも行う。国内外のスパを訪れ、男性が楽しめるスパ・エステについても造詣が深い。

2018年4月号の『Safari』では

2018年4月号の『Safari』の連載を執筆。

こちらも相変わらず強烈なMAHO節が炸裂しています。

画像は公式サイトから

今月はサンローランの久しぶりの新作。
Yのボトルが本当に格好いいんだなあ、これが。

Profile
男性美容研究家・エッセイスト

藤村 Fujimura Gaku

新刊『一流の男はなぜ爪の手入れをするのか?』を上梓!

『男の身だしなみ100の基本』はこちら

オスカープロモーションに所属しました

DANBIKEN~男性美容研究所~

twitter

facebook

All About
【男のコスメ・スキンケア】ガイド

男性美容研究家
1973年、東京生まれ。大学卒業後、植物関連の雑誌・書籍の編集を行い、ハーブやアロマテラピーの知識を得る。そんな中、男性が読む美容記事を日々ヒゲを剃らない女性が書くことに違和感を覚え、独立。シェービングを中心に据えた独自の男性美容理論を打ち立て、男性美容のパイオニアとして活動中。総合情報サイト『All About』にて「メンズコスメ」のガイドも務め、数々のテレビ番組やラジオなどの出演のほか、講演・イベントなども行う。

また、コンサルタントとしてコスメの開発に携わる。その他、男性用コスメのマーケティングやコンサルティングも行う。国内外のスパを訪れ、男性が楽しめるスパ・エステについても造詣が深い。

2018年4月号の『UOMO』では

2018年4月号の『UOMO』。
お知らせは2つ。
画像は公式サイトから

まずは、美容連載「藤村岳の美ーシック」。
今号はイプサのザ・タイムR アクアを取り上げています。
女性だけではなく男性にもファンが多い、この化粧水。ホントに使えるんです。

何でこんなに人気なの?というところを深掘り。
自分で書いてみて、改めて「やっぱりいいアイテムだなあ」と感心することしきりでした。

そして、先に発表しましたように3月17日(土)に大阪の阪急メンズ館にてイベントやります。
あのラボ シリーズの超高級男性化粧品や車が当たりますので、詳細をチェックしてください。

スナップ撮影&ファッション診断


どうぞ、誌面でそしてdマガジンなどでチェックしてください。

大阪や関西圏のみなさんは、ぜひ会場でお目にかかりましょう。
肌測定もできますよ!


Profile
男性美容研究家・エッセイスト

藤村 Fujimura Gaku

新刊『一流の男はなぜ爪の手入れをするのか?』を上梓!

『男の身だしなみ100の基本』はこちら

オスカープロモーションに所属しました

DANBIKEN~男性美容研究所~

twitter

facebook

All About
【男のコスメ・スキンケア】ガイド

男性美容研究家
1973年、東京生まれ。大学卒業後、植物関連の雑誌・書籍の編集を行い、ハーブやアロマテラピーの知識を得る。そんな中、男性が読む美容記事を日々ヒゲを剃らない女性が書くことに違和感を覚え、独立。シェービングを中心に据えた独自の男性美容理論を打ち立て、男性美容のパイオニアとして活動中。総合情報サイト『All About』にて「メンズコスメ」のガイドも務め、数々のテレビ番組やラジオなどの出演のほか、講演・イベントなども行う。

また、コンサルタントとしてコスメの開発に携わる。その他、男性用コスメのマーケティングやコンサルティングも行う。国内外のスパを訪れ、男性が楽しめるスパ・エステについても造詣が深い。

2018年4月号の『MEN'S EX』で連載復活

2018年4月号の『MEN'S EX』で連載復活です。

しばらくお休みしておりました、『MEN'S EX』の連載。
今号から復活していまして、その名も「細胞から体育」です。

画像は公式サイトから

え、よくわかんない?って。
今までの美容情報をより突っ込んだ形で展開するものでして
最新コスメが云々、という情報も興味のある方々にはいいのですが、
何しろ男性は「これどうやって使うの?」というビギナーさんも多いわけで。

女性のようにケアやメンテに対する知識が均一ではない。
ということで、詳しい使い方やケア方法、そしてそれをすることによって
どんなメリットがあるのか?と解説していこう、と。

細胞からと銘打っているように、表面だけではなく身体の内部まで
考慮した上での情報をお届けするものなんです。

ということで、第1回は花粉症の対策。
基本から応用まで、でもすぐに採り入れられるそんなチップス集めました。

Profile
男性美容研究家・エッセイスト

藤村 Fujimura Gaku

新刊『一流の男はなぜ爪の手入れをするのか?』を上梓!

『男の身だしなみ100の基本』はこちら

オスカープロモーションに所属しました

DANBIKEN~男性美容研究所~

twitter

facebook

All About
【男のコスメ・スキンケア】ガイド

男性美容研究家
1973年、東京生まれ。大学卒業後、植物関連の雑誌・書籍の編集を行い、ハーブやアロマテラピーの知識を得る。そんな中、男性が読む美容記事を日々ヒゲを剃らない女性が書くことに違和感を覚え、独立。シェービングを中心に据えた独自の男性美容理論を打ち立て、男性美容のパイオニアとして活動中。総合情報サイト『All About』にて「メンズコスメ」のガイドも務め、数々のテレビ番組やラジオなどの出演のほか、講演・イベントなども行う。

また、コンサルタントとしてコスメの開発に携わる。その他、男性用コスメのマーケティングやコンサルティングも行う。国内外のスパを訪れ、男性が楽しめるスパ・エステについても造詣が深い。