2014年12月24日水曜日

『karada LEON』vol.2では

LEON』の別冊『karada LEON』がまたもや出ました!

画像は公式サイトから
そこで、連載している
オヤジのビューティ道場では冬に欠かせない
「保湿」にクローズアップしました。

なかでも最近、充実しているクリームを中心に取り上げました。
質感別に選べるような構成になっているので、
ライトなものからこっくりリッチなアイテムまでがズラリと。

また、特集の接近戦では、男性のケアのどんなところに
女性が注目しているのかについての実践的なアドバイスもしています。

通常の『LEON』とは異なり、karadaに特化して お送りするこちら。
いつもとは違う雰囲気で楽しんでいただけると思います。

冬だからといって縮こまってないで、
しっかり身体を動かさないとダメですよね。
(自戒を込めて)

2014年12月22日月曜日

2014年No3『etRouge』では

麻生綾さんが編集長を務める『etRouge』(日経BP社)。
毎回、クリエイティブな表紙が素敵です。

で、「新しい私、おめでとう」とシンプルに書かれたテキスト。
表紙って、内容を盛りだくさんにすることが多いのですが
写真とタイトル、そして簡潔なテキストほど心に突き刺さるもの。

そんな新年を迎えるのにふさわしい今号で、
来年の美容業界の展望と個人的な目標を語っております。

エリカ・アンギャルさんに始まり、渡邉季穂さんまで。
美容業界の大先輩たちに混じってます。
いいのかな?とちょっと畏れ多いのですが。

来年、どうするか?を一足早く考えて、目標を立ててみました。

もう、この時季になると鬼も笑わないでしょう?

2014年12月21日日曜日

お茶×栗=年始の挨拶の手土産にぴったり

先日、仲良しのMさんから、おいしいものをいただきまして。

静岡出身のMさんはお茶にうるさいんです。
で、その彼女から「これはおいしいから飲んでみて」と。
静岡茶通亭の深蒸し煎茶とほうじ茶。

最近。家ではそば茶やはと麦茶を飲むことが多かったので
煎茶は久しぶり。

いや、やっぱりおいしい。
緑色の美しさ、香り、そして甘み。
目で舌で、そして鼻で楽しみました。
深蒸し煎茶と栗かの子のギフトセット 2000円

さらに、この茶通亭のお茶に
栗庵風味堂の栗かの子もセットになっていました。

「栗、好きでしょ?」と。

Mさん、ありがとうございます。

たしかに、栗は大好物。

ボクはこの栗庵風味堂を知らなかったのですが、
小布施で創業元治元年から続く老舗だとか。

こちらも大粒の栗がごろり。
ねっとりとした餡の舌触りがたまりませんでした。

これ、年始のあいさつやホームパーティに持参してもいいですね。

つい、ワインとかチーズとか洋風なものを持って行くことが
多くなってしまいますが、日本人だもの、こういうほっこり系がいい。
かえって新鮮かもしれませんよね。
風呂敷で包んでお土産、なんてお正月っぽい。

おいしくいただきました。
ごちそうさま〜

2014年12月18日木曜日

ベスト・バイ・メンズ・コスメ 2014 <香水編>

ベスト・バイ・メンズ・コスメ 2014 <香水編>

じつは、ひっそり(?)とアップしてました。
今年のメンズ香水のおさらいを。

クリスマスのプレゼント選びの参考にもなります。


2014年12月17日水曜日

2014年12月9日号の『SPA!』では

画像は公式サイトから
ちょっとご報告が遅くなってしまいましたが、
2014年12月9日号の『SPA!』にも登場しております。

「どっちが得か?」17本勝負という企画。
ボクはT字カミソリVS電気シェーバーの解説をしました。

さて、どちらでしょう?

アーカイブはこちらから。

2014年12月15日月曜日

2015年1月号の『Gainer』では

画像は公式サイトから
2015年1月号の『Gainer』ではいつもの連載を担当しました。
冬のケアに欠かせない逸品をズラリと紹介。

リニューアルしてから、本当に変わりましたよね。
まず、表紙からして佇まいが違います。



さて、ちょっとお知らせを。
実はこの号をもちまして、一旦、卒業します。
先日、Facebookに意味深なことを書いたのはこのこと。

フリーランスになってずっとお世話になってきた愛すべきゲイナー。
とても大好きな雑誌で、等身大の今の男性像を提示してくれ、
ボクに雑誌の在り方を教えてくれました。

今回はボクのわがままからお願いして、スタッフとしての
関わり方を見直すことにしたのです。

といっても、オファーがあればいつでも復帰するかも?(笑)

今まで、本当にありがとうございました。
そして、これからもボクにかっこいい男を教えてください!

2014年12月12日金曜日

2015年1月号の『MEN’S EX』

2015年1月号の『MEN’S EX』。
早いもので、号数の上では2015年です。

画像は公式サイトから
今号は「ドレスコード」の新基準が第一特集。
大前提は変わらないものの、細かくみていくと
イマドキ感はやはり数年前とは異なるワケで。

身だしなみ意識やグルーミングアイテムも
変わってきているですから、
服装が変わらないはずありません。

そんな中、いつもの連載では
新しくオープンしたディオールのブティックの
情報と香りのコンサルのご紹介を。
登場するのは、大野陽編集長です。

さらに隔月連載のケアメンテの達人には
公私ともにお世話になっている
六本木awaiの支配人木下さんに取材をしました。

年末年始は「和」を感じることも多いはず。
そんな時に芽生えた和装への憧れを現実にする
お手伝いができればうれしいのですが。

見所満載なので、ぜひチェックしてくださいね!

2014年12月11日木曜日

新記の香港麺

SK-IIの発表会で久しぶりの虎ノ門へ昼時に。


みなとやで冷たい肉そば食べようかなと思ったのですが、やはり行列。


で、新記で汁なしワンタン麺にすることに。


ここは、細い香港麺があるから好き。自家製ラー油を混ぜていただきました!


2014年12月4日〜17日の『R25』では

隔週配布になった『R25』。
以前のような、ジャンル別のニュース集ではなく
ワンテーマを掘り下げる内容にリニューアルしましたよね。

たしかにキュレーションメディアが台頭しているので
より編集力の求められるこのスタイルの方が
紙としての意義がありそうです。

さて、 そんな今号では「綺麗なオトコ」がテーマに。
肌質を見極め、タイプ別のスキンケアの重要性と方法を
監修しました。

久しぶりにキリヌキで誌面に登場しています。

2014年12月5日金曜日

ベスト・バイ・メンズ・コスメ 2014 <顔編>

ベスト・バイ・メンズ・コスメ 2014 <顔編>
 [メンズコスメ] All About (オールアバウト)

 今年を賑わせた男性用コスメの総ざらえ。
使う男性はもちろん、クリスマスプレゼント
選びに迷う女性も参考にしてください!




ベスト・バイ・メンズ・コスメ 2014 <顔編>

2014年12月3日水曜日

「男の薄毛対策最新事情」 PART2

先日、ご紹介した
「男の薄毛対策最新事情」 PART1
に引き続きまして、後編のPART2がアップされています。

今の時代、薄毛を諦めなくてよくなりました。
早めに対処すれば、ほとんどの場合、
髪を生やすことは可能になったと言ってもよいかもしれません。

しかし、そこには思わぬ落とし穴も。
AGA治療やそれを取り巻く、状況についてお話しました。

「男の薄毛対策最新事情」 PART2

自家製ジャムにはココナッツパームシュガー

旬のリンゴをジャムに。

砂糖ではなく、サンフードのオーガニック ココナッツパームシュガーを使用。

果肉を残したから、結構、食べ応えもあります。

2瓶もできたから、しばらく楽しめそう。

キティちゃんで請求書

先日、郵便局が長蛇の列でした。
切手を購入するだけだったので、迷わず自動販売機へ。

で、「82円、10枚」の表記だけを見て、
ボタンを押すと出てきたのがこれ。

じゃーん。

ハローキティにマイメロディ、そしてポムポムプリンの切手!

うん、かわいい。たしかに。

でも、請求書送るのにこれか〜?と一瞬、悩んだものの
それを貼って、投函しました。

いいですよね?

ほら、キティちゃんは働き者の象徴ですし。

2014年12月2日火曜日

2015年1月号の『デジモノステーション』では

2015年1月号の『デジモノステーション』。

画像は公式サイトから

特集「断言! 2015 流行予測」でシェーバーの未来に
ついて解説をしました。

深剃りを追求し続けてきたシェーバーですが、
最近、それだけでは消費者のニーズに追いつきませんからね。
詳細は、本誌にて。

しかし、この手の企画をみると、年末だなあと。
来年、シェーバーだけでなくボクももっともっとがんばらねば。
その布石を少しずつ行っていかないと。

2014年12月1日月曜日

2015年1月号の『ENGINE』では

以前から、香水ネタで執筆している『ENGINE』(新潮社)。
最新の1月号でもまたお世話になりました。

今回のテーマは、ベチバー。
ちょっとめずらしいですよね、単独の香料を切り出すことは。

マリンやシトラスなど香調で話を展開するのはありますが、
今回はマニアックにベチバーで水平に論じてみました。

画像は公式サイトから

でも、そんなマニアックさがこちらの『ENGINE』っぽいかな、と。
特集は「ドイツ車のきわみ」でポルシェに始まり、アウディ、BMW、
VW、そしてメルセデスまで、を完全網羅。

車関係はとんとおぼつかないのですが、門外漢のボクでも
「へー」とか「ほー」とか感嘆しつつ読み込みました。
車欲しいかも、とさえ思ったほど。

ということで、ベチバーが利いた最旬の香水、4本。
重みのある大人の香りはドライブにもぴったりです。
ぜひ、誌面でご確認ください。

2014年11月27日木曜日

「男の薄毛対策最新事情」 PART1

男性美容研究家 藤村岳さんが教えてくれた
「男の薄毛対策最新事情」 PART1|髪のせんせい

先日受けたインタビューが掲載されました!

インタビュアーは以前から面識のあるIさんで、
終始、和やかな雰囲気でした。


まずは前編をご覧ください〜

「男の薄毛対策最新事情」 PART1
 

2014年11月26日水曜日

アリアミスト ボリーナのシャワーヘッド

[アットビューティスト]のコラム更新。

以前から、シャワーヘッドはボクの中で大事なアイテム。

何かいいものは?と思って探していたところに、
「アリアミスト ボリーナのシャワーヘッド」を お勧めされまして。
画像は公式サイトから

ということで、詳細はこちらに↓

気になるシャワーヘッドを実際に使ってレビューしました。

2014年11月25日火曜日

2014年12月号の『Get Navi』では

2014年12月号の『Get Navi』も先月に引き続き、登場しております。

画像は公式サイトから

今回は第一特集の「比べてわかった これが買い!総決算」にて
電気シェーバーの対決の辛口審査を務めました。

ブラウン、 フィリップス、パナソニック、そして日立。
それぞれの特徴を説明しつつ、ガチンコの対決を。

とはいえ、ちょっと裏話。
ブラウンとフィリップスは今回、新シリーズを出してきまして
まあ、完全に勝負マシンとなっています。

一方で国内シェの大きいパナソニックは今回、マイナーモデルチェンジ。
そして日立は最高級グレードでも、他の3社とは価格帯が異なるわけです。

と、そんなことも加味しつつ、あれやこれやと採点しました。

でも、だからといって比べることが意味がないとは言いません。
だって、現段階で電気シェーバーを買おうとすると、
この4機種を比べることになるのですから。

まったく無謀でも何でもないわけで。

電気シェーバー選びって、実は難しいんです。
ヒゲのクセや量、ライフスタイルによってもベストなマシンが
人によって異なってきます。

それらの条件をフラットに見せてくれるのは
まさに『Get Navi』のお得意なところですよね。


2014年11月24日月曜日

2014年11月24日 TBS『はやチャン!』

今朝、TBS『はやチャン!』に
写真とコメントで出演してましたね。

アラミスとSK-II、アルマーニの
クリスマスコフレなんかも紹介されていました。

さすがにLIVEで観られず、
起きてから録画のチェックをしましたが……(笑)

2014年11月23日日曜日

TVの電話取材

連休中日。

明日の早朝に放送の某情報番組の電話取材を受けました。
番組名を出していいか、聞き忘れたので、ここでは伏せておきます。

しかし、テレビの取材っていつも急。
それだけホットなネタを!ということで、
ギリギリまで粘っているんでしょうね。

月刊誌の進行もかなりギリギリですけどね(笑)

なので、興味のある方は、明日の早朝5時くらいから
各局をザッピングしてみてください。

2014年11月18日火曜日

2014年12月号の『Gainer』では

2014年12月号の『Gainer』で
いつものグルーミングページを担当。
写真は公式サイトから

秋〜冬にかけてのケアに必要な保湿、
そして最新シェーバーなどをご紹介しています。

ぱらぱらとめくっていて気になったページは
「メイン料理は男が作る」という特集。
皆さん、お上手というよりもセミプロ並みの腕前です。

ボクも気が向いたときに料理をしますが、
こんな手の込んだことはなかなかしません。

ストレスが溜まったら野菜をひたすら刻むとか
そんなのばかり(^^ゞ

他にも冬のアウターがたくさん載っていて、
物欲がムクムクと頭をもたげてきています。

2014年11月13日木曜日

2014年12月号の『MEN’S EX』では

2014年12月号の『MEN’S EX』。
早いもので、もう12月号。
ハロウィンを過ぎるとクリスマスですねえ。

ということで、今月号ではクリスマスプレゼントに
ぴったりな最新電気シェーバーを紹介しています。

画像は公式サイトから
写真家のO氏も太鼓判!?な
グッドルッキング且つ、高性能なマシン。

ブラウンのシリーズ9とフィリップスのシリーズ9000の対決!
果たして軍配はどちらに?

しかし、昨今の電気シェーバーの進化には目を瞠るものがありますね。

剃れるマシンが欲しいと思っている男性はもちろん、
男性へのプレゼントに迷っている女性も必見です。

2014年11月11日火曜日

メンズビューティコラムに寄稿

フォルテさんが公開している
メンズビューティコラムに寄稿しました。

「乾燥と保湿の話を」というご依頼で、
男性ならではのヒゲ剃りや紫外線の影響などを考察したものです。

肌の生理的な役割は女性と同じですが、
男性特有の行動によって、変わってきます。

では、どうしたらいいのでしょうか?
答えは実に簡単!

→こちらまで

2014年11月7日金曜日

『メンズヘアカタログ'15』では

『メンズヘアカタログ'15』(コスミック出版刊)が発売中。

画像は公式サイトから

「正しい知識とメンテナンスでエイジングケア
最新 大人のためのメンズビューティ教室」

という企画で監修を務めています。

かなりのページ数を割いて、ベーシックな肌のケアから
シワ、シミ等のエイジングケア、そして、ニオイケアと
盛りだくさんで深い内容に。

若い方はもちろん、ミドルエイジの男性にも
ぜひ手にとっていただきたい構成です。

おしゃれなスタイルもたくさんあって、
秋冬の髪型の参考にもなりますよ!

2014年10月31日金曜日

2014年11月4・11日合併号の『SPA!』では

2014年11月4・11日合併号の『SPA!』で
袋とじに出演(?)しています。

当たり前ですが、脱いでません(笑)
画像は公式サイトから

絶対に買ってはいけないの新基準」という企画で
シェーバーについて語っています。

びりびりと破ってしか見られないので
ぜひ、お買い上げの上、熟読ください!



2014年10月29日水曜日

エスプリ ディオールは行かなきゃ損!

[アットビューティスト]のコラムを更新しました。

エスプリ ディオールは行かなきゃ損!

ドレスなどファッションだけではなく、香水好きも必見ですよ〜

2014年10月28日火曜日

2014年12月号の『美的』では

2014年12月号の『美的』ではhttp://www.biteki.com/
「センスが決め手! 贈りたくなるメンズコスメ」に登場しています。

画像は公式サイトより
奇しくも表紙は同じ事務所のヨンアさんだ!
バータじゃないよ(笑)

久しぶりの女性誌です。

構成を担当された塩田幸子さんがとても丁寧な方で
「メンズコスメの現状や男性心理について知りたい!」と
わざわざ取材に来てくださいました。

通常、 この手のページは電話やメールでの
アンケート形式が多いのですが、
お目にかかって話すとやはり違うもの。

短いコメントながらも、その分、記事に厚みが出るのです。

ということで、ボクは男性がリアルに欲しいものをピックアップ!

クリスマスに彼にあげたいものを探している女性の皆さん、
ぜひ、ご覧くださいね!

2014年10月25日土曜日

あえて、アメリカンなピザはいかが?





ビールは生もあるのですが、
瓶ビール(ハートランド)を紙袋に包んでいるのが
なんともアメリカンでしょ?

1/8のスライスが500円くらいだったはず。
クラムチャウダーも濃厚でおいしい。

フラッと行って、かじって、飲んで出てくる。
そんなカジュアルな使い方ができて好き。

広々とした店内が、これまたアメリカンでいいのです。

2014年10月16日木曜日

2014年秋冬、男の愛され香水は?

久しぶりに更新しました。

All About  [メンズコスメ]
サボっていて、ごめんなさい。

で、そんなお久しぶりな記事はと言いますと、
ビジネスマンのための「最旬香水」ベスト5

です!

会社での普段使い
日中の爽やかなデート
翻って、夜の濃密なデート
はたまた家でのリラックスシーン
パワフルに攻めたいプレゼン時

などのシーン別にベスト5として紹介しています。

あなたはどんな香りを纏って、この秋冬を勝負しますか?

2014年10月14日火曜日

2014年11月号の『MEN'S EX』では

2014年11月号の『MEN'S EX』。
http://www.mens-ex.jp/
画像は公式サイトから。写真がグレーなのは大人の事情です(笑)

特集は「ジャケットstyle 成功への正攻法」。
秋は軽やかで、組み合わせの効くジャケット便利ですよね。
ボクも先日、ボルドーのジャケットを手に入れました。
合わせ方を勉強しなくては。

さて、いつもの連載・藤村岳の朝刊よりもカガミ前の5分
テーマは「眉のケア」です 。
*バックナンバーはこちらで読めます→

プロによる本格ケアと自分でやるセルフケアに分けてご紹介。
やりすぎ細眉にならず、男らしい方法を伝授しています。

なんと、MEN'S EX読者スペシャルコースも作っちゃいました!

そして、さらに隔月連載の「ケア&メンテの達人」では
ファッション業界御用達のお直しの専門店サルトに取材。
イケメンと噂の関店長にその極意を伺っています。

お直しって、本当に奥が深い世界ですね。
実は、早速、私物をお直ししてもらったんです。

今月も見所満載!

2014年10月13日月曜日

台風前に松茸ご飯

台風が近づいて気圧が低いからか、眠くて眠くて。

そうそう、昨夜はすき焼き!
と思っていたのですが、諸般の事情で順延に。

ちょうど買い求めた松茸がありまして、それで、松茸ご飯。
お米は祖母から届いたばかりの新米。

粒にきらめきがあって、おいしい。


仕事しなくちゃと思いつつも結局、昼寝しちゃいました。
さて、コーヒーでも飲んで、シャッキリさせて原稿書きますかね。

2014年10月12日日曜日

黒いあいつが歯を白くする〜家電におけるカラーリング考〜

ボクが使っているのはソニッケアの普通の白。
ですが、限定でブラックがでることになりました。

結構前に知っていたんですけど、
「まだ情報解禁してはいけません!」と
釘を刺されていたので、黙っていたわけです。

で、ちょっとフライング気味にゲット。役得♪

毎分3万1000回の高速振動はもちろんのこと、
歯茎のマッサージもできるガムケアモードや
くすみやステイン対策のホワイトモードも白と同じく搭載。
最近はセンシティブモードで磨くことが多いかな。

まあ、性能の詳細は下記をみていただくこととして

ソニッケア ダイヤモンドクリーン

ここでは、デザインについて私見をば。

最初に「今度、ブラックがでるんです」と
担当の方に伺ったときに
「性能変わらないなら、必要なの?」と思いました。

でもね、現物を見たらその気持ちが一変。
「あ、これものすごくかっこいい」

「かっこいい」それだけで、この子の存在価値があるんだ、と。

iPhoneなんて、初めてホワイトが出たときに熱狂しましたよね。
ゴールドなんて、女性の人気が非常に高いし。
ただ、カラーバリエーションがあればいいってものではありません。

でも、家電製品はとかく変な色味が出てきがちです。

実はうちの洗濯機も変なパープルみたいなピンク。
壊れたので買い替え時にすぐ納品できるものだとこれしかなくて……。
人様にご覧に入れるものではないから、まあいいかと妥協しました。

なんで、この色を作ったの?と思うような突拍子もない
カラーリングの製品が多いですよね。

毎日使うものだから、自分の気に入ったデザインや色って
本当に大事なんです。

もちろん性能も品質も高いにこしたことはない。
でも、気に入らないものって、どこかぞんざいに扱ってしまいます。
思い入れがない、とでも言うのでしょうか。

実は男性の美容家電では、悲しいかな
とりあえずブラックとかグレーにしておけばいいでしょ、
という姿勢の製品があります。

作っている人や売っている人たち、やるせなくならないかなあ。

このソニッケアのブラックは単に白を黒くしただけじゃない。
黒って、質感によって表情が本当に変わる微妙な色。

ボディとブラシの柄の素材の違いによる、黒の見え方の差を
シルバーがきれいに繋いでくれています。


ホワイトよりここの調整が難しかったのではないかなあと推察。

ケースもキーカラーになっている蛍光グリーンと調和する絶妙なマット感。
細部にまでこだわって、きちんとデザイナーが考えて作っているという
自負が感じられるわけです。


なんだかエラソーに書いていますが、
そんな能書きなしにも、ボクらは一瞬でそれらを判断できるはず。
感覚的に「かっこいい」か「ダサい」か。

日本のモノ作りって、本当に素晴らしいと思います。
でも、見た目を大切にしないという点で、
ある特定の分野では、完全に意識が欠落しているんです。

そう、男が見た目を気にするなんて女々しいって
平気で言える人たちが決定権を持っているメーカーは気の毒。

見た目も中身もかっこよくありたい

そう願うのって、おかしいことでも女々しいことでもない。

歯ブラシの進化をみて、
そんなことを考えた、連休の中日でした。

2014年10月11日土曜日

シーフード、バンザイ!

先日、トラットリア ボガマリ・クチーナ・マリナーラに
ご招待を受けまして、行って参りました。
輸入商社の方々と某誌の編集長と副編集長と同席をば。

いくつか候補のお店がメールで送られてきた中で
特に興味を引かれたのが、こちら。

トラットリア ボガマリ・クチーナ・マリナーラ

北参道の駅から徒歩1分。
前の事務所のすぐ近くでしたね。

木曜の夜、満席で活気づいていました。
ショーケースに魚介が並んでいまして、それを見ながら
どんな調理法がよいか?を聞かれて、メニューを決めるタイプ。
この前、フランスで行ったレストランもそうでした。

これ、楽しいんですよね、本当に。


お勧めの素材と調理法を参考に、5人で
あーでもない、こーでもないと決めていくのです。

冷たい前菜はカルパッチョ。
白エビと甘エビ、それに(たしか)ソイ(だったはず)。

ボクがわがままを言いまして、広島産(だったかな?)の生牡蠣も。
これが大ぶりで、クリーミー!
あんまりうまくて、足踏みしちゃいまして。ジタバタ。


次に温かい前菜。
今度はオーストラリア産(だったかな?)の牡蠣をパン粉焼きに。
アミノ酸って熱を加えるとまた別のうま味が出ますよね。


これもかなり美味。
熱さをものともせず、果敢に攻め入りました。真っ先に。
他の賢明な方々は適温まで待つ、半分に切るなど大人の対応でしたが……。

そしてポルチーニのソテーも。秋の恵み。
キノコの強烈なうま味は、魚介とは違うトーンです。


噛みしめると、香りが口の中いっぱいに広がります。
しかし、キノコは油との相性がいいですね。

さらに、白子のバターソテーまで。
トロットロですよ。

あ、編集長の腕が写り込んでいますね。
花柄のシャツ、お洒落!

じゃーん、とパスタ。
しかも、毛ガニ!
入店したときに泡を吹いてました。ごめんね。


トマトソースではなく、塩味で。
あっさりだからこそ、毛ガニ自体の出汁を濃厚に感じるわけで。
夏ではないですが、まだまだ毛ガニもいいですね。


そして、メインは魚介の煮込み。
ムツ(だったはず)、イカ、エビ、ハマグリ、ムール貝。
パスタとは対照的にトマトで。


あー、もう、このまま永遠の眠りについてもいい。
幸せ。うまい。
ワインの酔いも手伝って、ひとりで席にて悶絶。
同席していた皆様に半ば呆れられながらも、うまいーと叫んでました。

でもね、これどう考えたってうまくないわけないでしょう?


肉より魚。
ずっと前から言い続けているボクです。

まさに興奮と感動の極み。

実は、パスタで魚介のカルボナーラという提案もあり
同じく食いしん坊の副編と「お腹に余裕があれば」と
言っていたのですが、さすがに無理でした。
次回、チャレンジしなくては。

とはいえ、甘いものまで頼んでしまい。
大好物のヌガー グラッセ。これ、半量。
あれ、自家製のリモンチェッロもあるって?


もう、ダイエットとか忘れて、暴飲暴食。

とってつけたようですが、食事中の会話も楽しくて
気づくとすっかりと夜は更けて、お開きの時間となってしまいました。

このお店、本当にボク好み。
これから会食はずっとここがいい、と思う程に。

Kさん、Mさんご招待ありがとうございました。
そして、N編集長とM副編集長も同席させていただき、感謝しております。
 

2014年10月10日金曜日

2014年11月号の『Gainer』では

本日10日発売の『Gainer』。


特集は「誰のために服を着る?」です。
そういえば、そんな根源的なこと考えたこともなかったかも。
秋の夜長にじっくりと考えつつ、読みます。


画像は公式サイトから

さて、いつもの連載で執筆しました。
ボクが今、一番注目しているペンハリガンの新シリーズ
「バイオレア」をトップにどどーんと紹介。
大嶽さんのかっこいい写真も必見なのです。

その他に気になったのが、
「香りは服のように」という香水の特集。
仲良しのUさんが取材していて、読み応えばっちりです。
今秋はどんな香りでいくべきか、迷うところです。

ぜひ、ご一読を!

2014年10月9日木曜日

GMOインターネットの熊谷正寿氏と日経新聞に

日経新聞でGMOインターネットの熊谷正寿氏と
男の身だしなみについて、対談をしました。

人の印象を決めるのは
「習慣」が9割

とおっしゃる、熊谷さん。

熊谷さんはボクより10才も上ですが、
その肌はなめらかで、くすみのない健康そのものでした。

まだ暑さ厳しい折の対談なのに、颯爽と登場し、
物腰柔らかなのに、さすがという貫禄も。


最後に、

「あの人とは組みたくない!」
身だしなみは人間関係の危機管理

として、最後にまとめを掲載してくださいました。

ブルガリ マン イン ブラック
これからのトレンドをつくるフレグランス

あの、アルベルト・モリヤスのコメントの前に
ボクがしゃべっていていいのでしょうか?
と畏れ多くて。

画像は公式サイトから
創業130年のブルガリのアニバーサリー フレグランスとして登場したこのブルガリ マン イン ブラック

ローマ神話に登場する火の神ウルカヌスから
インスピレーションを得て創作したもので、
男性用にはめずらしいチュベローズを使用しています。

ネオ オリエンタルという新しい境地を開拓し、
大人の男性の上品な色香を表しているんです。

そうそう、香りに合わせて、大人っぽくなるように
久しぶりにネイビーのシャツを着てみました。

ファッションの在り方も考えさせられる香水って、
すばらしいなあとブルガリ マン イン ブラックを纏って思ったのです。

2014年10月8日水曜日

2014年11月号の『GetNavi』では

GetNavi』の2014年11月号。

写真は公式サイトから

第一特集は「1万円以下の傑作」というもの。
モノ雑誌ならでは、ですよね。

その中で
手軽に男を磨ける
ビューティ家電、はじめの一歩。
と題したページに推薦者として登場しております。


エントリーモデルの電気シェーバーや
スチーム系エステマシン、電動歯ブラシに
各種マッサージャーなどなど。

1万円で自分をメンテできる機器がこんなに豊富にあるんです。

「男の〜」 とタイトルが付いていますが、
もちろん女性も楽しめる内容になっています。


2014年10月7日火曜日

連載をWEBでも読めるんです

『MEN'S EX』で連載している
「藤村岳の朝刊よりもカガミの前の5分」ですが、
なんと、過去記事をWEB上でも読めるようになりました。

トップ > SPECIAL NEWS >藤村岳の朝刊よりもカガミの前の5分

上記の階層にあります。

見逃してしまった記事や
あれ何だったっけ?という備忘録代わりにお使いください!

2014年10月6日月曜日

beautyworld JAPAN WESTにて

本年5月に引き続き、beautyworld JAPAN WESTにて講演を行います。

~安易な“メンズ向け”にストップ!~
男性美容をビジネスに繋げるためには

日時:2014年10月21日(火) 16:00〜17:00
場所:インテックス大阪

講演内容は以下を参照

毎年、右肩上がりの成長を遂げる男性美容市場。
メンズサロンやメンズコスメの需要が高まっていますが、
安易な導入は質の低下を招き、
業界全体のビジネスチャンスを減らす原因にも繋がりかねません。
浮き足だった業界にあえて警鐘を鳴らし、
小売・サロンビジネスに確実に繋がる男性美容のあり方を探ります。

・ 男性美容をビジネスとして始める心構え
・ サロンメニューやコスメの変遷
・ 性別を超えたコスメ製品・メニューの提案など

東京で行った講演をベースに
最新の情報やデータでパワーアップします。

お楽しみに!

2014年10月3日金曜日

西麻布で汗だし、毒だし

所属事務所のTさんの紹介で、
西麻布にあるLe Furo(ルフロ)に行ってきました。

 Tさん曰く
「とにかく、気軽に入れて気持ちいいから!」とのこと。

ちょうど、六本木で仕事があったので、
てくてくと歩いて、行ってみたのです。

世界初の石風炉温泉ミスト浴とのことで、
言ってみれば岩盤浴の砂利版といったところでしょうか。

一通り、説明を受けていざミスト浴と思ったら、
その前に「水を飲んでください」と。
で、そこにエッセンスを数滴垂らすんです。

なんだろう?と思いつつも飲んでみると酸っぱい。
「酸っぱいですねえ」と答えたところ、

「人によって感じ方が違うんです。
酸っぱさを感じると言うことは、カルシウム不足かも」と
言われまして、ビックリ!

チーズも牛乳もそれなりに摂っているんですけどね。
あ、紫外線を避けるからビタミンD不足かも?などと
いろいろなことが頭をめぐりました。

で、そのエッセンス、
他には苦く感じる人、辛く感じる人など
その人の状態によって、変化するのだそうで、
ぜひ、これは自分で試してみるとよいでしょう。

ミスト浴5分、休憩10分を1セットにして
繰り返すこと4セット。

何も考えずに、深く呼吸をしながら過ごします。
たしかに汗はどんどん出るし、心は解放されるしと
毒だししている感じ満載。

ミストなので浴場全体にめぐっていて、
これを呼吸で取り入れるのもよいのだそうです。

最近は、サウナなどにもあまり行かなくなったので、
こんなに大量に汗をかくことってありませんでした。

西麻布ってボクの生活圏外から微妙にズレており、
もしこれが表参道か銀座にあったら、 毎日、通うのに!
と、ちょいと残念。

Detox Salon Le Furo(ルフロ)

東京都港区西麻布3-21-3
TEL:03-3401-3977
営業時間:月曜ー土曜 9:00〜23:00(最終受付 21:00)
/日曜 9:00〜21:00(最終受付 19:00)

2014年10月2日木曜日

2014年11月号の『Safari』では

注目度急上昇中のクリス・プラットが表紙の『Safari』11月号。
黒バックにシルバーのロゴがクールです。

秋のファッション号なのに、
あえてウォームカラーじゃないところがかっこいい!

画像は公式サイトから
さて、今号はいろいろと執筆を。
大好きなジバンシイの香り3つ

  • ウルトラマリン
  • π
  • PLAY
これらをシーン別に提案しています。
香りは使うシチュエーションで変えるのが常識ですからね。

今回、個人的に気に入っているのが、π。
濃密で、甘さと男らしさがミックスしていて、秋にぴったり。

また別のページでは、カップルフレグランスの
最高峰・ローパ ケンゾーのデートでの生かし方も。

さらに、アラミスとオロビアンコのスペシャルコラボのお知らせも。
これ別の媒体でも紹介しているんですが、それほどいいんです。
あー、欲しい。

ということで、分厚〜い雑誌の中から、見つけてくださいね!

2014年9月29日月曜日

毛穴の引き締めケアに行ってきました

松倉HEBE DAIKANYAMAに行ってきました。
しかも、続けざまに。

というのも、以前もご紹介したと思いますが、
名だたるコスメブランドとコラボレをすることで有名な
草野先生が率いるクリニックですね。

当時の記事はこちら

三方良しのエステ “松倉HEBE DAIKANYAMA”דヘレナ ルビンスタイン”


あれからほぼ一年も経っているのですね。

で、今年もまた、 ヘレナ ルビンスタイン
素敵なコラボの第2弾をやっています。

ヘレナ ルビンスタイン リプラスティ プリスクリプツ スペシャルトリートメント

な、名前が長い……。
まあ、それはさておき、これがすごかったので、ご報告を。

夏が過ぎて秋になると気になり出す毛穴の開き。
イヤだなあと思っていたところに
このトリートメントを受けまして、キュッと縮ませてきました。

クレンジングの後、
贅沢にも「リプラスティ R.C. クリーム」によるマッサージ。
肌の上でクリームがトロンと。

次にローションで拭き取りまして、
ここがクリニックの真骨頂!
レーザー登場です。

ボクは毛穴が気になっていたのでポラリスを迷わず選択しました。
日焼けでくすみが気になる方にはトーニングも選べます。
カウンセリングの時に決めますが、もし、男性で慣れていないなら
セラピストさんにお任せするのも一案。
女性は肌悩みがわかっているでしょうから、ご自分で選べますね。

で、まあ、件のポラリス。
レーザーですから、輪ゴムでパチン!と
肌を弾かれるような刺激があるわけです。
M体質ではないもので、痛みに弱いボク。
調整してもらった結果、ほぼ最低出力に落ち着くという……
ちょっと情けない感じに。

セラピストのNさんは優しく
「男性は仕方ないですよ〜」と慰めてくれました。

それでも、仕上がりの毛穴引き締め効果はすごいわけで。
時には科学の力を借りることも大切だなと実感。
しかもポラリスはダウンタイムがないのもいいですね。

さらに施術は続きまして、
今度はケアシスというマシンでビタミンCや成長因子を導入します。

これは電気を流して一時的に細胞膜に隙間を生じさせ、
その間に有効成分を浸透させるもの。

おかげでふっくらと肌が柔らかくなり、しっかりキメも整います。

さらに、肌状態に合わせて
美容液「リプラスティ プリスクリプツ」を選びます。
ボクはもちろん毛穴へのアプローチができるものを。

最後に「リプラスティ R.C. デイ クリーム」と
「リプラスティ プロ フィラー アイ&リップ」で
仕上げをして、終了。

「リプラスティ プリスクリプツ」と
「リプラスティ プロ フィラー アイ&リップ」
この2つはどちらも9月12日に発売された話題の新製品。
画像は公式サイトから
http://www.helenarubinstein.jp/

施術後すぐにわかるのが、頬骨の位置が上がって引き締まっていること。
老廃物が流れて、小顔になるんですね。

そして、毛穴が引き締まり、肌がなめらかになるので
触り心地が変わります。

自分の顔だけど、気持ちよくって、ついついなでてしまいました(笑)

で、ボクの体験はここで終わらず、また続くのです。
ということで、後編に続くかも。

期間:2014年10月1日〜12月15日
時間:約60分 
価格:2万円(税抜)

松倉 HEBE DAIKANYAMA
東京都渋谷区猿楽町16-15
代官山 T-SITE GAREDEN 5号棟 2F
03-3770-7900
11:00〜20:00(クリニックは10:00〜19:00)
不定休
http://www.hebe.co.jp